ラボログ

2016/3

ペンション望郷・ロッジ近景/観光と土壌

大きなバッケージをガラゴロ転がし、ささささーっと物見に走り、そそくさと“観光”らしきことを終え、あとは大いなる買い物に走る。東京・京都・大阪・福岡などの都市型観光では、いまどき何処も同じような、てんやわんやが繰り返されている。

その町の風や水の香りをかぎつつ、地域の人に触れあうということが観光の最高・最大の醍醐味で、そのような様は、まさに土壌を起こす行為にも似て、たいへんゆっくりとしたものだ。

大分の野菜畑と称される、ここ豊後大野には「里の旅」という旅のスタイルがしっくりくる。その一つひとつの楽しみは、まさに「観光と土壌」のマッチング。

時間と手間暇がかかる。口で言うのは簡単だが、これを続けるとなると、いろいろとシンドイこともある。その成果や答えが見えるのは、少々先のことになるからだ。

似て非なるモノと思われがちだが、野菜畑も観光まちづくりも、ちょっと泥臭く野暮ったい行為の繰り返しの中から、萌芽する。その点ではとても相性のよいものだと思えてならない。

IMG_5181

きょうの作業・・掘り起こしたところにいい土が収まりました。これで種を撒くことができる!

 

————————————————————————–
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————–

チャオとは

「チャオ(Ciao)」とは、イタリア語で、親しい人に使う「こんにちは」「さようなら」という意味。

聞いたことはあるけれど、今まで使ったことはありませんでした。
というか、チャオがイタリア語ということすら、正直あまり明確に認識していませんでした。

が!
とうとう今日、初めてチャオ使いました。チャオ記念日です。
そう、なんと「イタリア」から一人旅で「ロッジきよかわ」へ泊まりに来てくれました。

ホステルワールドで予約をいただいた時から、「とうとうヨーロッパからも豊後大野へ外国人観光客が!!」と嬉しくなり、世界地図を準備しました。豊後大野へ来てくれた世界中の外国人のお客様に、自分の出身国へピンを刺していただくという仕組み。

IMG_5135

そして、記念すべき第1号は・・

IMG_5130

イタリアのローマ!

IMG_5132

いいですね〜ローマ。
日本が大好き!農村風景が大好き!あと、カラオケも好き!らしいです。

豊後大野、カラオケは少なくても、農村風景はどこへ行っても満喫していただけます!
明日はロッジきよかわのレンタサイクルに乗って、ゆっくり豊後大野をまわる予定らしいです。

どこかで見かけたら是非「チャオ〜!」って声をかけてあげてください。

 

First guest from Italy!
And we made ‘Where are you visiting from?’ map.
Ciao!

 

————————————————————————–
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————–

絶景日本遺産に登録?

豊後大野市の名瀑、「原尻の滝」の別称は「東洋のナイアガラ」

原尻の滝_3
・・なぜかこの呼び方が有名なのですが、この別称、実は地元ではあまり人気がありません。ところが、どどーんと載っちゃいました! 

超メジャーな週刊誌、週刊現代(3月12日号)の名物コーナー『一度は訪れたい美しき列島の四季:絶景日本遺産』に。

写真は載せることができませんが、1ページぶち抜きで紹介されていたその見出しには「田園に流れる東洋のナイアガラ」とあり、次のような解説文が添えられていました。(以下、その抜粋です)

別府湾に注ぐ大野川の支流・緒方川に、轟音とともに水煙をあげて落下する豪快な滝がある。「東洋のナイアガラ」と呼ばれる「原尻の滝」だ。・・・平坦な田園地帯の真ん中で突如姿を現す滝に驚いてしまう。珍しい立地には理由がある。9万年前、阿蘇山が大噴火し、この地にも大量の火砕流が流れ込んだ。・・・滝上の遊歩道からは、溶岩の断面と、周囲の長閑な農村風景を楽しめる。

うむ。ほんと、滝上の遊歩道から見える風景は素晴らしいですよね〜
溶岩ではなく、火砕流によってできた断面らしいですが、この独特の迫力と農村風景のマッチング具合が好きです。

 

ちなみに、こちらは「ロッジきよかわ」の庭先にある「白糸の滝?」

IMG_5014

実は・・この滝、正式な名前がありません。

よろしければ、命名してみませんか?

 

————————————————————————–
里の旅公社では、近々もう1名、仲間を募集する予定です!
興味がある方は、引き続き、更新情報のチェックをお願い致します。

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————–

春に向かって!(ぱーと2)

(ぱーと1)はコチラ

暖かくなってきましたね〜
というか作業をしていると、汗だくです。

ロッジきよかわの進化(?)が止まりません。
テーマは「ロッジで地域全体の営みをどう表現できるか」

まずは、ぶんご大野といえば、マチのゆるキャラにもなっている「しいたけ」
初めて豊後大野産のしいたけを見た時は、僕のしいたけ価値観がひっくり返りました。

intro_p06

なんという肉厚!そしてその美しさ!!(もちろんおいしい)
し・・しいたけってこんなものだったのか!!!という衝撃。

そんな素晴らしい「しいたけ」がマチのいたるところで栽培されている様子を見て、素直に思ったことが「僕も作りたい」ということ。
大家のおじいちゃんにワガママを言い、山を借り、プライベートでもしいたけを栽培し始めました。

一方で、先日のブログでも紹介させていただいた通り、ロッジきよかわでもしいたけ栽培を始めました!

しいたけ栽培には大きく分けて、コマ打ちした原木の「仮伏せ」→「本伏せ」→「ホダ起こし」という3工程があり、
今回は、「仮伏せ」中だったしいたけを「本伏せ」しました!(伏せ込み方も色々あり奥が深いのですが割愛します)

本伏せ作業は、しいたけ作りのベテランの方にお願いし・・

IMG_4951

あっという間に、本伏せ作業が完了してしまいました。
この並べ方もプロっぽくてかっこいいですね〜!

IMG_4960

そして、次にぶんご大野らしいもの・・やはり、田畑がなければ!

ということで、うちのボスが雑草も生えないガチガチの地盤をつるはしで掘り続け、
たくさんの岩や石ころを取り除き、本日、ようやく少し形になりました。

IMG_5005

かわいいウネを作って、ハーブを植えるのが楽しみです。

IMG_5001

しいたけ畑(ほだ場)にハーブ畑。
ちょっとずつですが、外から来ていただいたお客様に、このマチの「営み」が見えるようなロッジにしていきたいと思います!

 

————————————————————————–
里の旅公社では、近々もう1名、仲間を募集する予定です!
大自然の中で一緒に汗をかきながら知恵をしぼってみませんか?

興味がある方は、引き続き、更新情報のチェックをお願い致します。
参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————–

里山デートに行ってきた

先日の休みの日に驚いた話を1つ。

里山デートをしてきました。
嫁さんとではないです。大家さんのおばあちゃんと。

先日、大家さんちの玄関に目をやると、とってもかわいい収穫用のカゴ?が置いてありました。

IMG_0411

「何に使うの?」と聞いたら、
「これから山にニッケイを取りに行くんじゃ〜!」とおばあちゃん。

・・・・ニッケイ?
なんか分からんけどおもしろそうと思った僕は、一緒に行かせてとお願いしました。
そんなわけで、おばあちゃんと山にレッツゴー!

IMG_0414

スタスタ歩いてどんどん山の中へ・・

そして、「ここだよ〜」と行き着いた先には・・・「木」

IMG_0415

なんと、この木がニッケイという木で、根っこを食べられるとのこと!
親父にも木の根っこが食べられるなんて話を聞いたことがない・・!

というわけで、早速掘ってみました。

IMG_0426

僕がせっせとニッケイの根っこを探して掘っている間に、おばあちゃんは「あっ、ふきのとうみーっけ!」と言いながら、たくさんふきのとうを採っては、背中のカゴに放り込んでいました。春の訪れを感じますね〜

IMG_0418

そんなこんなで、取れた根っこがコチラ。

IMG_0429

細かい根っこを取り除いて、10cmくらいの長さに切ってかじってみると・・・

うまい!!!
でも、どっかで食べたことのある味やなぁ?と思っていたら、気づきました。

京都の八つ橋!ニッキの味!
まさか、この根っこが原料になっていたとは驚きです。

大家さんが子供の頃は、この枝をポケットに持ち歩き、学校でかじっていたとか。
かっこいいっすね〜

 

「え?ニッキってどんな味?」という方へ
インターネットで調べてみると、ニッケイ(肉桂)は「日本版シナモン」と呼ばれるらしいです。
シナモンと言われれば、「あ〜確かに」って感じの味がします。

道の駅に出すと5本か6本くらいで300円になると聞き、再び驚きました。意外と高価!

ニッケイのシーズンは2月末くらいまでらしいので、今年はもう終わりですね。
・・・来年は休みの日にたくさん集めて売ってみようかと、ひそかに道の駅デビューをたくらんでいます。うっひっひ。

 

————————————————————————–
里の旅公社では、働く仲間を募集していました。
おかげさまで、予想以上の申込みをいただき、本当に仲間が増えそうです。

そして、近々仲間をもう1名募集する予定です!
興味がある方は、引き続き、更新情報のチェックをお願い致します。
参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————–