ラボログ

2016/4

横浜から移住してきた新卒1年生/さとのたびにっき③

先日のブログ(さとのたびにっき②)の続き。

出会橋・轟橋の話をしたい。
先日の撮影に限らず、この場所は、サイクリングコースのスポットなのでフィールドワークに行った際には必ず訪れている。
活動日誌を見てみると、6回。

午前中だったり、午後だったり、寒かったり、暑かったり。
状況は様々だったが、この6回の内に共通している事がある。

「私以外誰もいない。」

私がいない時に人が訪れていたかもしれないので、全く人がいないという事は断定できないが、4月、出会・轟橋に一番訪れたのは私だ。
このスポットはおおいた豊後大野ジオパークの見どころ(ジオサイト)なので、市役所で「月間最多来訪賞」を表彰して欲しい。

冗談はさておき、ここに来ると様々な音が聞こえてくる。

風の音、虫の音、川の音。
私の出身地である横浜市にも勿論自然はあるのだが、
人工的な建造物が多いので、これらの音がかき消されてしまっているように思う。

ここは、何も身に付けていないむき出しの姿だからこそ、こういった音が浮き上がってくるのだろう。

これを、私はここに訪れる度に独り占めしている。
全国1位・2位は日本に様々あり、宣伝されていると思うが、独り占めできる1位・2位なんてあるだろうか。

「出会・轟橋おすすめですよ!」というブログは、私自身も何度か書かせて頂いている。
勿論、それは偽りざる気持ちだ。

しかし、まだまだ出会橋・轟橋を独り占めしていたい。
そんなジレンマを抱えながら、新卒1年生の「さとのたびにっき」を終わろうと思う。

deai_todoro_bridges

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

横浜から移住してきた新卒1年生/さとのたびにっき②

昨日の午後はテレビ大分(TOS)の方々に、撮影に来ていただきました。
内容としては、私が作ったサイクリングコースを案内するというものです。

IMG_5375

当日はあまり天気が良くなく、撮影中に雨が強まり、大丈夫かと心配になりましたが、無事に撮影を終える事が出来ました。

水曜日のダウンタウンで、【プロ野球のヒーローインタビュー 第一声は必ず「そうですね」説】
という説がありましたが、私もレポーターさんのフリに「そうですね」としか返答出来ませんでした。
事前に一応準備はしたのですが・・やはり、いざ撮影となると緊張します。

あ、でもカメラが回っていない時はレポーターの方々と、色々お喋りが出来ました!

(レポーターさん)「道の駅きよかわで販売されている「ももソフト」美味しいよね!」
        ↓
(私)「僕も食べたことあります!そこで江副さん(公社の先輩)の奥さんが働いてるんですよ。」
        ↓
(レポーターさん)「そうなんですか〜」
        ↓
(私)「職場の人はみんな既婚者なので…」

この時が一番楽しくお話できたので、OAしてほしいな〜(笑)

IMG_5379

放送自体は3分程度らしいのですが、それ以上の時間が掛かっていますし、様々な人が関わっている事を実感しました!
緊張しましたけど、楽しく番組撮影をさせていただき、本当に感謝です!
ありがとうございました!

4月29日(金)のゆ〜わくワイド (16:50〜)にて放送されますので、是非ご覧ください。

IMG_5383

番組でも紹介されると思いますが、私自身のお勧めは、写真の位置から見上げる2重橋(出会・轟橋)です!
さとのたびにっき①でもご紹介した川柳、「せせらぎの 上を見れば 二重橋」をまさしく体感できます。

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

横浜から移住してきた新卒1年生/そうだ、電話に出よう

(電話のコール音)

(私)「はい、里の旅リゾート ロッジきよかわ 長岡でございます。」

(お客様)「すみません、今日泊めて頂けませんか。」

(私)「すみません。少々お待ち下さい。」

当日ご宿泊になりたいというお客様は少なからず存在する。これだけ見ると、ありがちなやり取りであろう。
しかし、何故このやり取りを文面に残そうかと思ったかというと、実はこのかかってきた電話を私、スルーするところだったからだ。

怒られるかもしれないが、正確に言うと無視するつもりだった。
いつもは先輩方が電話を取る環境にあり、電話に出るということはなかったし、
そのような環境に甘えていたので、あまり電話を取る気がなかった。

 

そんな中、電話がかかってきた。

誰か取ってくれないかな…(心の中の叫び)

(鳴り続ける電話音)

意を決して電話を取った。

そして、冒頭のやりとりに繋がる。

コール音が鳴ってから私が電話を取る時間まで、半永久的な時間が経過したように…思えた。

 

結論から言うと、電話に出て良かった。
どうやら、そのお客様は医療関係者であった。

熊本県・阿蘇で被災者への医療支援をするが、泊まれる宿がなく、地震被害がなかったロッジへ電話をしてきたらしい。
もし、私が電話を取っていなかったらどうなっていただろうか。

ご宿泊いただくことになって、急遽部屋のセッテングを行ったりとバタバタしたし、初めてお客様の前で施設のご案内をすることになった際、頭が真っ白になり拙い説明に終始し、無様な姿をさらしたが、何とかお客様を受け入れる事が出来た。

ロッジきよかわには何の被害もないが、震災の影響でお客様のキャンセルが相次いでいる。

私自身も他の方々と同様に何か出来ることはないかと考える日々がここ一週間続いている。

答えは一個ではないが、昨日の出来事を通して「お客様をお泊めする」ことが自分のやるべきことの一つだと思った。

 

宿泊業はまずそれがが第一歩で、

電話はそのスタートラインだ。

レベルが低くて情けないけれど、それを愚直に行っていきたい。

IMG_5370

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

横浜から移住してきた新卒1年生/さとのたびにっき①

こんにちは。

いや初めましてですね。

4月1日から豊後大野市の地域おこし協力隊として、里の旅公社で勤務させて頂いております、長岡と申します。
神奈川県横浜市から来ました。

「都会だね」ここで会った人々に言われるのですが、横浜市も田んぼや畑はあります。
みなとみらいのイメージが強すぎるだけです。笑

勤務してからまだ日が浅いですが主に自転車のサイクリングマップ作りに励んでおります。
コースはロッジきよかわから、宝生寺、轟橋、出会橋を通るコースを作成しています。
順次コースは追加予定です。

今日は天気がいいので、実際にコースを回って何かネタになりそうなものを探してきました。

何回か試走をし、自転車で走行するコース自体は完成しているのですが、後はいかに“走ってくれる人達の思い出に残るマップにするか”という課題を持って地図作成に当たっております。途中でキツイ坂道が数か所あり、中々大変だなと思ったりもします・・

しかし、平日の午前中にカッコいい自転車を漕いでいるのが珍しいのか、通りすがりのおばさんから、「僕、学校は?」と聞かれたので、頑張れそうです(まだ俺は若いんだなとポジティブな気持ちになりました)

とにかく、どんなことでも平坦な道より、山あり谷ありの方が最終的には面白くなると思いますので精一杯やっていこうと思います。

また先日、豊後大野ケーブルテレビの方に仕事をしている様子も撮影していただきました!
4月22日~28日の間で放送される予定ですので、是非見て下さい。
噛まずにしゃべることができたので、褒められました。

P1050235

この黄色い看板に書かれている出会・轟橋についての川柳がですが、まさにその通りです!
みなさまにも是非一度ご覧いただきたいと思います。

この、貴重な自販機も必見です。

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

ペンション望郷・ロッジ近景/竹コップと竹の樋

西宮北口北東地区・・約20年前、まだそこそこ若かったボクがかかわった震災復興地区の名。そのころ西宮市の係長だったK氏からケータイが入った。曰く・・「大丈夫か? 復旧の後は復興やで!」

意気消沈だけでは生きて行けない人間。だから復旧の後は復興。ボランティア活動に出向くことができない多くの人々にとって、被災地に何によって(少しでも)貢献するのか。それは誰もが考えること。20年前もそうだった。復旧から復興の時期に差しかかるころ、「お金を落としてくれる支援」が大切になる。

この度の震災とその被害については、まだまだ終息が見えず復旧もままならない。被災者のご苦労が並大抵でないことは、K氏自身、当時自宅マンションが半壊し被災者生活を送っていたので、よくご存じだ。それに、震源域から少し離れた、このマチに被害はない。が、報道だけでは見えないナマ情報を知りたいとK氏はケータイをくれた。

20年前K氏とは、地域すべてが全壊し何もなくなったある被災地の、ポツリとできた一杯飲み屋でよく飲んだ。竹製のコップでお酒をあおるのだ。(西宮は灘の銘酒地域で蔵が多い)

K氏のことだ、熊本に出向き“消費支援”に精を出す算段をしているのだろう。

何言うこちらもキャンセル続きでお客様が消えちまったが、あの頃を思い出し、
敷地の竹を切り出し、竹コップならぬ、竹製の樋づくりに精を出している。

IMG_5348
IMG_5362

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————