ラボログ

2016/9

石ころを拾って挑戦してみた

秋といえば!
色々思いつきますよね〜いい季節です。
○○の秋、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ロッジきよかわにとっては・・挑戦の秋?
10月からのシーズン、宿泊以外でお客様に楽しんでいただけるネタをスタッフの間で相談しながら仕込みつつあります。

先日、とある方からぶんご大野で採れた「さつまいも」の焼き芋をいただきました。
僕は地元滋賀県でも秋になると友達とよく焼き芋をやっていたのですが、ぶんご大野で食べた初焼き芋には度肝を抜かれました。
・・驚くほどトロットロでめっちゃ甘かったのです!

この感動は、ロッジに泊まりに来ていただいたお客様にも伝えたい。
というわけで、「石焼き芋体験」はどうや!? 

早速、夏前からロッジに食事担当として加わった新スタッフ「ちっちさん」と一緒に、挑戦してみました。
こちらが、ちっちさん(詳しい情報は後日)

img_6228

積み上げた葉っぱの中で焼くタイプの「焼き芋」は何度もやったことがあるのですが、「石焼き芋」には二人とも初挑戦です。

まず、1cm〜2cmくらいの石ころを拾います。

img_6230

こんなもんです。

img_6232

釜の中に5cmくらいの厚さで敷き詰めます。

img_6237

僕が石ころを拾っている間に、ちっちさんが芋を準備します。

img_6241

濡れ新聞でさつまいもを覆ってから、さらにアルミホイルで覆います。

img_6244

焼いてみます。

img_6249

できました。

img_6250

なんか・・・違う・・
いや、おいしいはおいしいんですが、全然思っていたようなトロットロじゃない。
時間も2時間近くかかってしまいました。

どうすればあの感動したレベルのトロットロ芋を作れるのでしょうか?
(どなたか、石焼き芋でおいしい作り方をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示願えませんでしょうか)

まだまだ挑戦は続きそうです・・・!

さとのたびにっき/連続記録更新中

こんにちは。もう秋ですね。
そして本日は連休の真ん中!そう、シルバーウィーク(?)ですね!
多くのお客様にお会いすることができるので、非常に楽しみです!

因みに去年は5日間の大型連休がありましたが、今年は3連休。

次の大型連休は10年後の2026年になるそうです。
あと10年後…ロッジきよかわはどうなっていくのか…

私がロッジきよかわで働き始めてからもう少しで半年が経ちますが、ロッジきよかわが更にグレードアップしていく過程に関われる事の喜びを日々実感しています。

まずは目の前にある事をコツコツと頑張っていきたいと思います!

目下、目の前にある事のひとつは、当直(泊まり込み)です。
お客様がいる時には江副さんと交代で当直をします。

そんな当直のときの私の夕食がこちら!

img_6152-1

しょぼい上に、時代遅れのおかずですみません。

実は7月、8月からずっと当直の日の夕食はこれです!

イチロー選手ばりの連続記録(イチロー選手も一時毎朝カレーだったそうです)を目指そうと、当直の時はご飯を掻き込んでおります(食べるラー油が中々減らない)。

しかし、ここに来てその記録が途切れそうです。

何かおかずを別に用意して記録を更新しようと思います。

タイ人がぶんご大野に来た理由

ちょこちょこロッジきよかわに「海外からお客様が来たよ!」とブログを書いておりますが、
実は、その中でも多いのが、「香港」と「タイ」からのお客様です。

・・なぜか?
僕も最初の頃はなぜ香港とタイからのゲストが多いのか分からなかったのですが、
ロッジに来るゲストからこんな言葉をいただく機会が度々ありました。

「まだ見たことない日本が見たいから」

よくよく聞いてみると、日本が好きで東京・大阪・福岡には行ったことがあるけど、
2回目・3回目の旅行では「都市では見られない日本が見たくて来た」ということでした。
香港からのゲスト曰く、「タイは分からないけど香港人はそういう人が多いよ!」とのこと。

・・確かに、ここぶんご大野は日本人でも見たことない日本を見ることができますね!

そして、先日もタイからのゲストにご宿泊いただいたのですが、彼は「タイ人は豊後大野のような素晴らしい場所に来てみたくても、福岡のような主要都市以外に行くのが難しいと思っている。」「だから、こんなに簡単に来れるんだよってことをみんなに教えたい」と言って、たくさん写真やムービーを撮っていました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-09-16-15-39

そんな彼から、本日、こんな動画が送られてきました!
言葉はタイ語がメインなので分かりませんが、自分が旅しているような気持ちになる楽しい動画です。

このムービーや何かのHPを見て来てくれたゲストが、「思ってた以上に良かった!」と、ぶんご大野・里の旅のファンになってもらえるよう頑張っていきたいと思います!

 

A guest from Thailand.
He said “I want to teach everybody that easily can come to Bungo-Ono.”
He sent me a movie of his journey in Oita (almost Bungo-Ono).
It is a fun movie to become a feeling like ourself journey.
Thank you John! “Good Trip!”