ラボログ

2016/12

さとのたびにっき/はじめてのオルレ

こんにちは、長岡です。
豊後大野に来て、はや8ヶ月…

豊後大野にはJR朝地駅からスタートする「奥豊後オルレコース」というウォーキングコースがあり、たくさんの人が訪れています。
今まで山登り以外経験したことがなかったのですが、先日、そんなオルレにようやく初挑戦いたしました。
※ちなみに、「オルレ」というのは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い道」という意味らしいです。

_mg_7541

歩いてみて実感したことは、僕の経験したことのある山登りとは違い、そこに住んでいる人々の生活が少し見えるということです。
特に朝地エリアでは、豊後大野を象徴する自然豊かで素朴な田園風景が非常に印象的でした。

_mg_7540
img_3249

約12キロを歩きながら(大体4時間程度)、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

私は妄想が結構好きなので、様々な事を考えていました。​

今回は一人で行きましたが、やはり恋人と話しながらというのも良いなと思いましたので、
来年こそは誰か一緒に歩いてくれる人を見つけたい、という願望・妄想でブログを締めたいと思います。
みなさまも、良いお年をお迎えください。

 

(追伸)
来年も地域おこし協力隊として、より一層頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

さとのたびにっき/斧で薪を割れない私

もう2016年も終わりですね。
年末いかがお過ごしでしょうか。

最近私がよく行っていることは、薪割りです。

ロッジきよかわの食事スペースでは、いつも薪ストーブを焚いて暖かくしております。

img_6684

具体的な本数は数えてはいませんが、一度の食事の間に大体バケツ3つ分の薪がなくなるくらい消費します。火も食欲旺盛です。
そんな需要と供給を一致させるべく、私はせっせと薪割りをしているわけです。

そして、薪割りというと一般的に斧を使って割るというイメージですが、私は斧を使えません。

というのも異常に命中率が悪いのです。
そもそも薪に当たらない。目隠しでスイカ割りをしているんですかと言われても仕方がないレベルです。

しかし、そんな情けない私にも薪を割ることができる「とっておきの道具」があるのです。

img_6675

これは油圧式薪割り機といいます。

img_6679

私が持っている棒を交互に押し出して薪を割っていきます。

img_6682

基本的に薪をおいて10秒も掛からず割れます(たまに難敵が登場しますが、本当にたまにです。)
そして力もあまり必要がありません、女性の方、子供でも簡単に割ることができると思います。
文明の力は偉大ですね。

割り終わった薪は薪置き場に積んでいきます。 豊後大野市ではよく見られる光景です。

薪をストーブの中に入れる時は旅出つ息子を送り出す親の心境です。

23歳にしてこの心境…

とはいえ、最近旅立つ息子(薪)に火をつけるのが上手になりました。
食事スペース、しっかり暖まっております!

しゃんしゃん。

こんにちは、えぞえです。

さて、前回のブログでは、
クリスマスツリー型ハウスの製作に着手したところまでお伝えしましたが・・
ようやく完成しました〜!

 

完成したクリスマスツリー型ハウスの画像がこちら!

しゃんしゃんしゃん。

img_6645

遠くから見るとこんな感じ。
しゃんしゃんしゃんしゃん。(鈴の音です)

img_6631

自然の静けさに包まれた中で、本当に鈴の音が聞こえてきそうな気がします。
もちろん、元はツリー型ハウスなのでご宿泊いただけますよ〜!

「クリスマスツリー 泊まる」で検索しても何も出てこないので、
「もしかしたら日本初!?」「いや、世界初!?」なんてアホなことを割と真面目に考えながら、ご予約いただくのを待ち構えております!

頑張って作ったので、「いいね〜!」と思っていただけた方は、
フェイスブック等でシェアしていただけると大変嬉しいです。

img_6658

営業色が強めの内容になってしまいましたが・・大切な方と、いかがですか?
ご予約は【じゃらんnet】より受け付けております!
クリスマス専用のプレミアムなプランです。

冬支度です〜

徐々に冷え込みが増し、冬の訪れを感じる今日この頃・・
色づくのが遅いロッジの紅葉もようやく色づいてきました。

img_6575

みなさま色々と冬支度をされていることかと思います。
ロッジきよかわでも、着々と準備を進めております。

img_1977

高枝ばさみで渋柿をとって、
地元のお母さんに教えてもらったやり方で「干し柿」に初挑戦!

img_6573

そしてピカピカ光るものが好きな僕(?)は、イルミネーションづくりに初挑戦!

img_6571

8棟あるツリー型ハウスのうちの1棟を「クリスマスツリー」に変身させて、
世にも珍しいクリスマスツリー型ハウスにご宿泊いただこうと企んでおります。

イルミネーションを眺めることはたくさんあると思いますが、
ピカピカ光るツリーそれ自体に泊まってみたら、きっと忘れられない思い出になると思いませんか!?
完成させてご宿泊いただくのが今からとっても楽しみです・・♪

img_6589

とりあえず半分できました〜!
完成次第、またアップしたいと思います! from えぞえ