ラボログ

2017/3

桜の植樹でまさかの対決

こんにちは〜江副です!
本日は雨模様ですが、昨日は快晴でしたね!
そんな昨日はタイトル通り、桜の植樹に行ってきました。

ロッジきよかわのある地元・清川に「きよかわさくら街道」をつくるという
清川まちづくり協議会さまが主催の壮大なプロジェクトです。

僕は自分が住んでいるところが「清川」であることも相まって、
お客様のチェックアウトが済んでから、やる気満々で飛んで行きました。

参加者名簿を渡され、自分の班を確認すると・・「7班」!
ラッキーセブン。

それから班ごとに分かれて桜の苗を植えるために深い穴を掘るのですが、ここで思わぬ難敵が・・

それは、岩!

写真では分かりづらいと思いますが、
「この岩を取り除かんと桜の苗を植えれんなあ!」と
班のみんなで力を合わせ、掘って掘って掘りまくりました。

写真 2017-03-12 11 19 50

そしてついに!

写真 2017-03-12 11 22 42

でか〜!!重〜!!と思ったのもつかの間・・・
さらにスコップで掘り進めていると、再び「カンッ」とイヤな音が・

そう、2個目の強敵です(こいつがキツかった)

もう写真など撮る余裕もなく、汗だくで掘りました。
交代でどんどん岩のまわりを削るように掘っていきます。

そしてようやく決着がつきました。

写真 2017-03-12 11 22 52

全部で19班のくらいの班に分かれていたのですが、
こんなデカい岩が出てきたのは僕たちの班くらいだったと思います。

誰かがポロっと、「ラッキーセブンかと思ったらアンラッキーセブンやったな。はは」と。
うまいこと言いますね〜!

そんなこんなで桜は無事に植えることができたのですが、
植樹よりも、大きな岩をみんなで取り除いた達成感が印象に残る体験となりました。

いつかぶんご大野に来てくれたお客様に「清川にすごい桜街道があるんですよ〜!実は僕も1本植えたんです」と
岩のエピソードと共に案内できる日が来るのを楽しみにしたいと思います。
(茶色い写真ばかりだったので、昨年のロッジの桜を1枚)

IMG_5260

手作り感から伝わるモノ

こんにちは!
突然ですが、みなさまDIYって何の略かご存知でしょうか?

個人的には、結構昔からDIYって言葉自体は聞いたことがあったような気がするのですが、
最近はヒロミとタッキーが芸能人の部屋をDIYする「八王子リフォーム」がテレビでやってたり、
結婚式でも「花嫁DIY」なる色んな結婚式小物を手作りで準備するのが流行っていたりと
ますますDIYという言葉を耳にすることが多くなったので、今さらながら意味を調べてみました。

「DIY」=’Do it yourself’(自分でやる)の略語である、とのこと。

今まではニュアンスで捉えていましたが、なるほど!
色々とモノがあふれ便利な時代ですが、DIYが流行るのは手作り感のあたたかさや
オリジナルのモノが持つ魅力を、多くの人が求めている証拠かもしれませんね!

そう考えると、そういえば僕もいつもロッジきよかわでDIYしているな〜と納得しました。
ぶんご大野のあたたかさや魅力は都市的なそれとは違い、「手作り感」が一番伝わりやすいように思います。
それで、ロッジきよかわへ泊まりに来てくれたお客様に少しでもそんなマチの魅力を感じていただければいいなと。

はい、前置きが長くなりましたが、口で言うのは簡単です。
手作りというのは、やはり作る時が大変・・!

今日はコチラ。

IMG_6919 (1)

これは、国内の鉄道で使用されていた「枕木」です。
1本1本ラップみたいなもので梱包されている状態で届いたのですが、
やはり鉄道で使用されていただけのことはあって・・めっちゃ重たい!!

1本の枕木を半分に割った状態でも25kgあります。
これをどどーんと30本!部屋の前の通路に並べていき、枕木小道を作りました。

必死のあまり、作業風景の写真がなくてすみませんが、いつものビフォー・アフターをどうぞ!

これがビフォー

IMG_6921

いくつかアフター♪

IMG_7501
IMG_7500
IMG_7504
中古の枕木がいい味出してます!
見た目もちょっと良くなったと思いますが、
こうしておくことで、もし雨が降ってもお客様の靴が汚れにくいハズという、一石二鳥DIYです!

翌日はお尻から腰にかけて素晴らしい筋肉痛になりましたが、今回も無事DIY完了いたしました。
これからももっと手をかけて、都会とは違うぶんご大野のほっこり感を感じていただける施設にしていけるよう頑張ります!