彫刻と紅葉と歩く旅のまち:朝地

地図:朝地の位置

東洋のロダンと呼ばれた彫刻家・朝倉文夫。その作品を展示する朝倉文夫記念館は大人の旅にぴったりの場所。周囲の現代彫刻が並ぶ公園も美しいです。大分県を代表する紅葉の名所・用作公園は、実は緑まぶしい初夏もおすすめ。近年人気のトレッキング「九州オルレ奥豊後コース」のスタート地点になっているJR朝地駅は、歩く旅をする人たちの情報収集や交流の場となっています。

自然景観/公園

用作公園 約500本のカエデやモミジが植えられた、大分県を代表する紅葉の名所。

社寺/史跡

普光寺 日本最大の巨大な磨崖仏とアジサイで有名なお寺。

美術館/博物館

朝倉文夫記念館/記念公園 日本近代彫刻の基礎を築いた「東洋のロダン」朝倉文夫の作品やゆかりの品々を展示。

アクティビティ

九州オルレ・奥豊後コース JR朝地駅から用作公園や普光寺などを経由しつつ、JR竹田駅まで約12キロの山里の小道を歩く。

飲食/物販

道の駅 あさじ 地元の新鮮な野菜はもちろん、肉厚な乾しいたけ、オリジナル商品の「塩だれ」などバラエティーに富んだ品揃えが自慢。