ラボログ

Journey of a Canadian Samurai Pt2

里の旅だより

Samurai`s log; Earth date 20170504. Taking the first step into uncharted territory; vast, untouched landscapes leaves the eyes wanting more. Melancholy, laid back, the way of life this places atmosphere protrudes. The road ahead seems long and strenuous but make no mistake…I am Iron Man *cough* *cough*, sorry, no I meant…I am a Samurai. We do not back down from a challenge so therefore, I came open minded; for who knows what strange entities I may encounter. Will report back with further information in just a few enter keys…

 

The first step is always the hardest. Taking the leap from comfort to discomfort always seems to take a certain amount of willpower to force your way through this mental wall of not knowing what is on the other side. For me it was simple. If I don`t take a step off this train, I won`t have a place to sleep tonight. So into Bungo Ono I went.

 

First thing I noticed was the, what seemed to be, the eternal peace and quiet; cradling my body like a warm onsen. Deciding I needed to experience the city before I made my way down to Lodge Kiyokawa, I took a little stroll. What I saw was a old styled Japanese city with old people swarming the place like bees to pollen. Going from flower to flower (house to house), spreading their pollen (spreading the latest gossip or exchanging recipes), therefore inseminating more flowers for the longevity of the species (creating a sense of community). Side note: no human insemination btw. As we all may of heard Japan is lacking in that department, so maybe I should be encouraging this behavior…).

But anyways, I started making my way to Lodge Kiyokawa and devour the delicious meal that was waiting for me. As I made my way down a steep hill, I decided that to take what seemed to be a scenic short cut through the woods. There I happened upon two travelers like myself, one of them setting up camp in the thick brush. Vivien and Tomas their names were. My initial thought was, `holy shit… this can`t be Lodge Kiyokawa` thinking I had made a unfortunate mistake by booking with this place. I mean 2500 yen was cheap but it couldn’t be this barren. Turns out that because of Tomas`s lack of understanding for Japanese and English on both sides, was almost forcibly pushed into the life of a mountain man.
Side note: Google Translate…it helps a lot.

 

So we all went together to the Lodge as Tomas thanked me profusely for my ability to speak Japanese and saving him of his very much rational fear of bears. As we made our way down the last hill, we came into eye site of Lodge Kiyokawa. The place felt like it was out of a really savvy Instagram traveling page. Rooms in the shapes of trees, a beautiful river surrounding the entire place; like an eco fairytale.

 

As I get closer, I see a man. About 165cm tall, medium build, little bit of stubble(which is uncommon for Japanese workers)and with a huge smile on his face. Do you know when you see a person and it feels like you have met them before. Well that’s how I felt as I introduced myself to the man who was about to become my boss, my mentor, and my best friend. Yuki Ezoe. Pt3 will be here shortly…about 163cm short >:). See you later space cowboys.

Journey of a Canadian Samurai

里の旅だより

Hi. My name is Alex and this is my story on a little town called Bungo ono.

 

I took my first steps into Bungo Ono just about a year ago. Looking back at it now, I didn`t realize how deeply this city would alter my reality, hence changing the course of my future.

One quick glance at the surface of this city and it`s… it`s old. So old that this town is still in the same state as when the dead sea was just starting to get sick… yes I know, I`m awesome>:). Joking aside, this town hasn`t managed to keep up with todays ever so changing evolutionary track but relishing in it`s former glory. But being a particularly curious human with time to kill, I decided to delve deeper into what I now call home.

Just a little side note; I am half Japanese and half Canadian. I am 6`2 (5`10 without heels). I like phycological anime. And I have a weird food fetish for pomegranates… I don`t know why I just can`t get enough of them. Alright enough about me, back to the riveting tale of a lone samurai traveling the vast landscape that is Nippon.

The city of Bungo Ono is located in the vast country side of Oita prefecture. I happened upon this hidden gem called, Lodge Kiyokawa, through sheer chance when I was booking my initial trip to Japan. Planning on city hoping for the first month, I thought Bungo Ono and the lodge would be a nice little escape from all that big city action I would be force fed for most of my trip. First couple days of my trip consisted of staying in the second biggest city in size and the biggest city in loud mouthed, high energy, anime hair styled people of Osaka. Quite the intense opening. Having that rollercoaster intro into Japan, I immediately make my way south to Kyushu where my slice of nature awaits.

On the day of my arrival, I decide to take a little detour to Beppu; the most famous onsen(hot spring) city in Japan and probably the world. And if you don`t know what Japanese onsens are, please, take the time and educate yourself. I will wait……… just kidding, I ain`t waiting. Look it up later when you have time, you won`t regret it. But anyways, I took a dip in some old ass onsens, refreshing my mind before I made my way down. The only way to get to Bungo Ono is by train. The train only had two cars and at that moment I knew, I was in for a bumpy ride. Surprisingly smooth though. With plush overgrown greenery to compliment the ride, I had no complaints.

I knew I was getting close to my destination for the metropolis was starting to get scarce and all I could fathom was green. The train makes a squeaky stop as I arrive at Bungo Kiyokawa station. Taking the first few steps off the train, I didn`t realize it but I was about to change the course of my future. Part 1 End. Part 2 coming soon (Hopefully sooner than the 6th book of Game of Thrones.) Later space cowboys.

うめえ紹介します!

里の旅だより

梅雨真っ只中ですね!
でも、今年の梅雨はなんだか例年よりも過ごしやすい気がします。
雨が降る時はバァーッと降って、晴れの日はスカッと晴れるので。

さてさて、梅雨の合間をぬいまして、
先日はロッジきよかわの新?スタッフと梅の実を収穫しましたー

これは僕です。もうボケたままでいいですね。

こちらが新?スタッフのメンバー。

美女とサムライです。

美女の方は新スタッフみほ姉さん。
ロッジきよかわのキッチンワークがメインです。
豊後大野出身のお姉さまで昨年福岡から豊後大野へUターン。

本業はリンパマッサージで、福岡では10年以上腕を磨かれたようです。
そのうちリバーサイドオイルマッサージサービス(仮)とかできたらいいなーと思います。
最高のリラクゼーションになりそうですよね!

とりあえず、今は梅とってます。(もちろん、市内でマッサージもしていますよ〜)

 

そして2人目の新?スタッフ。

サムライ(特に新撰組)大好きアレックス。
去年も夏の2ヶ月だけロッジきよかわで一緒に仕事をしていました。
あれっ、見たことあるぞ!って方もいらっしゃるかと思います。

でも一応ご紹介しますね!
アレックスはカナダのバンクーバー出身でお母さんが日本人のハーフボーイです。
去年の夏が終わり一度お別れしてから京都に半年くらい住んでいたのですが、
「やっぱりぶんご大野が一番最高だった」とUターン(?)して戻ってきました。

今回はぶんご大野にガッツリと住民票を移して、正スタッフとしてロッジ業務全般に携わっていく予定です。

 

Uターンっていいですよね。一度外に出たからこそ分かるようなマチの良さに気づいてそうで。

というわけで、そんな新スタッフと共に、
これからもロッジきよかわやぶんご大野の魅力発信を頑張っていきたいと思います!

ちなみに、こちら。

去年ロッジで収穫した梅で作ったシロップを使って、みほ姉さんが「うめシャーベット」を作ってくれました。
シャーベットなのに絶妙なプリプリ感があってこれがまたおいしい!オススメの一品です。

ご予約のみとなりますが、ただいま食後のデザートにお出ししておりますので、皆さまも是非一度ご賞味ください♪
※シロップが無くなり次第終了いたします。

以上、うめえ(?)紹介でした!

Visit Japan! Eat タケノコ!

里の旅だより

こんにちは、えぞえです。

梅雨を迎えたものの、先週末は大変過ごしやすいお天気でしたね♪

 

そんな梅雨の時期ですが、先日はVisit Japan大使のジョージリム氏にご宿泊いただきました。

ご予約の際に、「観光庁に任命されたVisit Japan大使の方」と聞いたときは、

「大使!?」

「大使がロッジきよかわに!?」と、

どんな大層な方がいらっしゃるのかと少し緊張気味だったのですが、
実際にお会いしてみると、冗談好きで、とてもフレンドリーなお客様でした。

ジョージリム氏はシンガポール出身で、主にシンガポールでフリーペーパーを発行し、訪日旅行のPR活動をされているとのことで、お食事の際にはぶんご大野の観光やロッジきよかわについてたくさんお話させていただき、また、今のシンガポールの方々がどのような旅や体験を求めているのかといった貴重なお話も聞かせていただくことができました。

 

そんな中、今回のご宿泊で特に興味を持っていただいたのは・・なんと「タケノコ」!

6月のシーズンは、ロッジの至るところにタケノコがにょきにょき生えてくるので、
タケノコが採れた日は夕食と共に、採れたてタケノコをご提供することがあります。

この日も偶然タケノコを見つけたので、「そこで採れたタケノコです」と言ってお出しすると、

「そこで採れるの!?おいしい!」

「このタケノコを自分で掘ってみたい!」

という初めてのリクエストをいただいたので、翌日の朝はプチたけのこ掘りにチャレンジ!

 

タケノコのまわりを少しずつ掘っていって・・

ゲット!簡単です。

4月に採れる「孟宗竹」と比べると、小ぶりな「真竹」のタケノコですが、味はとっても美味しいです。

 

体験を終えて、同氏から、
「今のシンガポールでは自然と触れ合うことが難しく、特に自然を「五感」で感じることができる機会がほとんどない。」
「なので、シンガポールの方々にとって、鳥や虫、川が奏でる自然の音を聴きながら、自分の足で土や草の感触を感じ、その環境の中で味覚などの体験ができることに、多くの人がとても価値を感じるようになっている。そういう意味でこのマチはとっても良い環境だからもっとそういう体験作れるように頑張って!」とのお言葉をいただきました。

 

ぶんご大野に暮らす自分にとっては、この大自然がもはや当たり前の環境となってしまっていますが・・おっしゃる通り!また、そういったニーズはシンガポールの方に限った話でもないと思います。

ジオパーク&エコパークというミラクルな大自然に囲まれたぶんご大野。

そんな豊かな環境をもっと生かせるよう・・ネタ作りあるのみです。

マレーシアからの自転車旅

里の旅だより

先日のゲストはマレーシアから。

ロッジきよかわへは今年度、およそ15ヵ国からたくさんの外国人のお客様にお越しいただきました。
内訳としては韓国や香港などのアジアからのお客様が8割、アメリカやフランスなどの欧米からのお客様が2割といった感じです。
アジアからのお客様はレンタカーでお越しになる方がほとんどですが、ヨーロッパの方は列車を使って旅行される方が多い印象でした。

 

そんな中、先日のマレーシアのお客様からは、予約と共に短いメッセージが送られてきていました。

“we are cycling.”

・・サイクリング?
ちなみにロッジきよかわまで自転車でお越しになられるという外国人のお客様は初めてでした。

しかし、待てど暮らせどお客様はいらっしゃいません。
次第に周辺は暗くなり、時間はチェックイン最終時刻の20時になろうとしていました。
「こんなに真っ暗の中、本当にいらっしゃるのだろうか・・?」

だんだん心配になってきて、お客様にメッセージを送ろうとしていた矢先、まぶしく光るライトを頭につけた自転車集団が!!きたー!!

話を聞くと、この日は宮崎県の日向市から山を越え自転車で移動してきて、翌日はぶんご大野から別府へ向かうとのことでした。

自転車は全員マレーシアからマイバイクを飛行機に積んできたとのこと。
最近のクロスバイクはバラして小さくできるから、結構安く運べるみたいです。

九州の自転車旅はどうですか?と聞くと、
興奮気味に、「たくさんのトンネルとアップダウンアップダウン!!とにかくアーッペンダウンばかりだ!!」とおっしゃっていました。
とはいえ、みなさんで2週間かけて九州各地を楽しく満喫されているようで、「原尻の滝はとても珍しい滝で、滝の上を自転車で走れますよ〜」とご案内すると、「知らなかったけど、私たちは絶対ここに行く!」ととても喜ばれていました。

そして、出発前の一枚。

少しずつ暖かくなり桜が咲き始め、サイクリングにもいい季節ですね。
(僕はいまだかつてない花粉症に襲われていますが)

いってらっしゃーい!気をつけて楽しんできてくださいね〜

 

——————————-
★パートスタッフ募集中★
ぶんご大野へ遊びに来るお客様を一緒にお出迎えしませんか?
2〜3時間から・WワークもOK!比較的自由な就労が可能です。
※勤務条件等詳細については担当エゾエまでお気軽にご連絡下さい。
 TEL → (080-5267-0202)
——————————-

1 / 3712345...102030...»