ラボログ

予想外の旅スタイル

里の旅だより

昨日ご宿泊いただきました、ノルウェーからのお客様のお話。

ご宿泊の2日前に予約の連絡が入り、同時にメッセージが届きました。
「熊本県の高森から自転車で行くよ!4時ごろに着くよ!」という内容のものでした。

ヨーロッパからのお客様の多くは、ロッジきよかわまで列車でお越しになられる方が多いので、
「自転車か〜珍しいなあ!」と思いながら高森からのルートをグーグルマップで調べてみると、なんと50km以上の道のり!
山間部でアップダウンも多いため、ロードバイクでも結構ハードですよね。

 

そして、時刻はちょうど4時をまわったころ・・

「キキーッ!」

1台の自転車が止まる音がしたので、外に出ました。

 

既に察しがついている方もいらっしゃるかとは思いますが、

まさかの・・!

 

・・ママチャリ。

これで50kmはすごい。
僕の勝手な思い込みで、この距離なら当然ロードバイクだろうと考えていただけに大変驚きました。

どのくらい驚いたかというと、
「ようこそいらっしゃいませ」と言う前に、思わず「わーお!!」と言ってしまうくらいです。

そして、寒風にさらされ真っ赤になった顔で、
「 Hi, I’m ひげちゃん! 」というまさかのニックネーム紹介をいただきました。

 

ひげちゃん。

確かにヒゲを4年間伸ばしているとのこともあって、ぴったり(いや、そのまま?)のネーミングでした。

それから色々と旅の話を聞いてみると、
沖縄から鹿児島まで飛行機で来てから、鹿児島でママチャリ購入。
その後、鹿児島→宮崎市→高千穂→高森・・からの豊後大野。

で、ロッジに1泊してから別府→福岡→佐賀→長崎で九州一周する予定とのこと。
ママチャリで九州一周旅行しちゃうのかー!おそるべし!

ゆっくり泊まっていただいた翌朝、まだキーンと冷えた空気の中、颯爽と次の目的地に向け旅立たれました。

もちろん、ママチャリで。

Have a nice trip! ひげちゃん!

 

旅のスタイルというのは本当に人それぞれ。
色々な楽しみ方があるということをひげちゃんに再確認させていただきました。

グローバルかつ多様化する旅のニーズに応える「里の旅」
そんなぶんご大野ならではの旅スタイルを世界中の旅行者に提案できるよう、今後も頑張りたいと思います!

New Year 2019

note

A new day, a new year, a new me; is what a lot of us will think this new year.
Lodge Kiyokawa will truly be taking a new step into the direction of the future for our lodge and city, Bungo Ono.

This wonderful landscape around us has given us a lot of opportunity to thrive as a business and community. Why reside in a nationally proclaimed `Eco Park` if not to use it to our fullest advantage to provide our supporters with a brand new experience. Therefore, throughout this coming year we will be offering some new outdoor activities and experiences! Unfortunately, we cannot spill the beans and give details too early. I mean, what is better than the anticipation of something amazing…;) These will all be promoted on our social media so make sure to keep updated on some exciting opportunities!

Lastly, I would like to thank everyone who has stayed and supported our Lodge. We cannot express the amount of gratitude we have for every one of you because it has let us continue working in this beautiful city and landscape. Excited to see faces of old and new in our future! See you later space cowboys.

かき集めて、冬。

里の旅だより

2019年 初ブログとなります!
本年も、なにとぞよろしくお願い致します!

そして、2019年がみなさまにとっても実り多き1年となりますように・・
そんな祈りを込めて、かき集めてみました!

 

柿、集めてみました!

・・・

はい!すべったかどうかはさておき、
(幸せを)かき集めるで知られる「柿」も縁起物の一つですよね♪

もはや毎年恒例となりますが、ロッジに実った渋柿を収穫し、干し柿にします。
ぶんご大野では頻繁に見られる柿を干している風景、ロッジでもやっぱりこれは外せない!

 

柿を高枝バサミで集めるアレックス。ポーズもキマっていますね〜

ていねいに集めた柿は枝を切り落として、

きれいに洗います。

めちゃくちゃ手際よく作業をしてくれるのは地元のお母ちゃん、甲斐さんズ。
ロッジのベテランスタッフです。

そんなこんなで、あっという間に今年も完成!

つめた〜い風にさらされておいしさが凝縮された干し柿になるのが楽しみです。
タイミングが良ければロッジ産の干し柿を食べれるかもしれませんよ〜♪

今年も1月から毎日営業しております。
暖かいカッコで冬ロッジを楽しみに、どうぞお越しくださいませ!

ポカポカ薪ストーブもフル稼働中です!

パークレンジャー参上!

里の旅だより

ブログ、ご無沙汰しておりました・・!
だんだん冬の近づきを感じるようになってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。冬の近づきとか言いながら、先週は最高気温が25℃だったのに、今週は最低気温が氷点下になるなんて・・近づきというよりも、もはや突進って感じですね。

さて、最近はロッジスタッフのアレックスが英語でブログやインスタによる情報発信を担当してくれるようになりました!まだまだ情報量は多くありませんが、少しでもぶんご大野の魅力や楽しみ方を、日本人だけでなく海外のお客様にも伝えていきたいと思っています。

先日は、そんな情報をたまたま発見してくれたオーストラリア人のお客様にご宿泊いただきました。

みなさまオーストラリアで「パークレンジャー」(自然保護官)というお仕事をされているそうです!
そんなお仕事をされているとのこともあってか、いわゆる観光地よりも、ありのままの自然が残る場所を探して日本国内を旅しているとおっしゃっていました。なんといっても豊後大野はジオパーク・エコパークに認定されているWパーク!オススメスポットを案内すると、一日中レンタサイクルで市内を走り回っていました。

そして、さすがオーストラリアのレンジャー!(?)
3泊していただいたのですが、昼間はレンタサイクル、17時頃からはロッジで毎日ビールパーティ!
3日間で60本以上の缶ビール(500ml)を飲まれました。ビール売上新記録です。

そんな新記録を樹立して、チェックアウト後は豊後大野から京都へ!

って、やっぱり京都はいくんかーい!!

Thank you for staying with us!

Journey of a Canadian Samurai Pt2

里の旅だより

Samurai`s log; Earth date 20170504. Taking the first step into uncharted territory; vast, untouched landscapes leaves the eyes wanting more. Melancholy, laid back, the way of life this places atmosphere protrudes. The road ahead seems long and strenuous but make no mistake…I am Iron Man *cough* *cough*, sorry, no I meant…I am a Samurai. We do not back down from a challenge so therefore, I came open minded; for who knows what strange entities I may encounter. Will report back with further information in just a few enter keys…

 

The first step is always the hardest. Taking the leap from comfort to discomfort always seems to take a certain amount of willpower to force your way through this mental wall of not knowing what is on the other side. For me it was simple. If I don`t take a step off this train, I won`t have a place to sleep tonight. So into Bungo Ono I went.

 

First thing I noticed was the, what seemed to be, the eternal peace and quiet; cradling my body like a warm onsen. Deciding I needed to experience the city before I made my way down to Lodge Kiyokawa, I took a little stroll. What I saw was a old styled Japanese city with old people swarming the place like bees to pollen. Going from flower to flower (house to house), spreading their pollen (spreading the latest gossip or exchanging recipes), therefore inseminating more flowers for the longevity of the species (creating a sense of community). Side note: no human insemination btw. As we all may of heard Japan is lacking in that department, so maybe I should be encouraging this behavior…).

But anyways, I started making my way to Lodge Kiyokawa and devour the delicious meal that was waiting for me. As I made my way down a steep hill, I decided that to take what seemed to be a scenic short cut through the woods. There I happened upon two travelers like myself, one of them setting up camp in the thick brush. Vivien and Tomas their names were. My initial thought was, `holy shit… this can`t be Lodge Kiyokawa` thinking I had made a unfortunate mistake by booking with this place. I mean 2500 yen was cheap but it couldn’t be this barren. Turns out that because of Tomas`s lack of understanding for Japanese and English on both sides, was almost forcibly pushed into the life of a mountain man.
Side note: Google Translate…it helps a lot.

 

So we all went together to the Lodge as Tomas thanked me profusely for my ability to speak Japanese and saving him of his very much rational fear of bears. As we made our way down the last hill, we came into eye site of Lodge Kiyokawa. The place felt like it was out of a really savvy Instagram traveling page. Rooms in the shapes of trees, a beautiful river surrounding the entire place; like an eco fairytale.

 

As I get closer, I see a man. About 165cm tall, medium build, little bit of stubble(which is uncommon for Japanese workers)and with a huge smile on his face. Do you know when you see a person and it feels like you have met them before. Well that’s how I felt as I introduced myself to the man who was about to become my boss, my mentor, and my best friend. Yuki Ezoe. Pt3 will be here shortly…about 163cm short >:). See you later space cowboys.

1 / 3812345...102030...»