ラボログ

さとのたびにっき/99%の火おこしと1%のピザ焼き

里の旅だより

先日のピザ焼き体験について・・
江副先輩のブログでもチラッと紹介されましたが、
少し突っ込んで、ピザを焼くという行為について語りたいと思います。

私が着任した後、ピザ焼き体験は今まで二回ありましたが毎回ピザ焼き体験の後、余ったピザ生地を使い、ピザ焼きの練習をしています。
ピザを焼く時間は(窯の温度が400℃程度ということもあり)本当にあっという間(2分程度)です。

そんなピザ焼きですが、実はピザ焼きの前の段階、「窯の温度を上げる」時間の方が圧倒的に長いのです。

ピザ釜

窯の温度を400℃まで上げるには、大体1時間半程度の時間がかかります。
「99%の火おこしと1%のピザ焼き」といえます。

前回のブログと同様、著名人の名言を拝借させていただきました。
トーマス・エジソンの「天才は1%のひらめきと99%の努力」という名言です。

この名言は解釈が色々あるようですが、個人的に面白いと思ったのがブログを書く際に調べたエジソンの名言の原文です。
【 Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration. 】

inspirationは「ひらめき、発想」、perspirationは「汗、努力」という意味だそうです。
ボスはよく里の旅公社での仕事を「知恵と汗の仕事」と仰るのですが、それを連想しました(割合は違いますが…)。

「ひらめき(知恵)」や「努力(汗)」と同じように、ピザを焼くまでの過程では「火おこし(窯の温度調節)」も「ピザ焼き」も両方大切です。火おこしはピザを上手く焼くために必要なことですし、ピザを焼くときに少しでも加減を間違えてしまうと、あっという間に焦げ、今までの努力が水の泡となってしまいます(写真からも分かるように、ピザを焼いている瞬間は真剣そのものです)。

IMG_5687 (1)

ちなみに、火おこしのポイントは、空気の「ゆとり」を上手く作る事です。薪を詰め込み過ぎると上手く燃えません。
私はゆとり世代全盛期育ちなのでその名に恥じず、「ゆとり」をもって火おこしを極めたいと思います。

「豊後大野 移住」で検索

里の旅だより

OBS大分放送の方に取材していただきました。

テーマは「大分県へ移住した若者」についてということだったのですが、
驚いたのは、このブログで前に書いた移住に関する記事を読んで、取材に来ていただいたということです。

確かに、「豊後大野 移住」で検索してみると、僕が書いたブログが上から5番目くらいに出てきます。
いつもブログを読んでくれている皆さまや、「いいね!」やシェアをしていただいている皆さまのおかげです。

 

撮影では、移住のきっかけや、移住してから感じた豊後大野の魅力を語ったり、

IMG_5618

いつもお邪魔させていただいている大家さんちへ遊びに行ったり、

IMG_5642

僕の職場である「ロッジきよかわ」をご案内したりと、てんこもりです。

IMG_5662

約3時間の撮影でしたが放送は・・3分程度!
どんな風に編集されているのか私自身も気になりますが、25日(水)夜7時から「旬感!3ch」にて放送されます!
放送圏内にお住まいの方、良ければご覧になってみてください。レポーターは財前さん。美人です!

もしかしたら、一緒に働いている長岡くんもちょびっと出るかもしれません。
(地域おこし協力隊として今年4月に神奈川県横浜から豊後大野へ移住)

IMG_5670

話が大きく変わりますが、
本日は、大分合同新聞さん主催の「アストビ」(明日への扉)で、「清流のそばでのピザ焼き体験」を実施しました。

IMG_5684

しつこいようですが、もちろんピザはぶんご大野のブランド地鶏「豊のしゃも」をトッピングしたけんたろうピザ!

IMG_5688

自分で言うのもなんですが、何回食べてもおいしいんです!これが!

ちなみに・・「豊後大野 ピザ焼き体験」で検索すると最初のページにズラッと里の旅が出てきます。

でもやっぱり、「大分 観光」とか「九州 絶景」とか「なんかほっこりしたい」とか、
よく調べられるような(?)キーワードでドーンと「里の旅」・ぶんご大野での観光が引っかかってたくさんの人に遊びに来ていただけるように、これからもちょっとぬけたブログで色々と情報発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

さとのたびにっき/何故服を洗うのか

里の旅だより

本日は少し番外編。

私が豊後大野で一人暮らしを始めて、1ヶ月が経過した。
家事と呼ばれる分野に、初めて手を出した。

そんな今、何故服を洗うのかと問われたら、私はこう答えるだろう。

「そこ(家)に(洗濯物の)山があるからだ」

名言に被せてみたが、「1人暮らしの分際で、(洗濯物の)山なんて言ってんじゃないわよ」
そんな声が聞こえてきそうだ。

しかし、反論させて頂きたい。
私が洗濯するのは週二回。主婦の方は(大体)毎日家族の服を洗濯する。 
だが、今の時代ほとんどの方は全自動洗濯機を利用している。そんな中、私は二層式洗濯機を利用している。

例えるなら、主婦の方は毎日車で富士山五合目まで行き、登頂する。私はたまに標高1000メートルの山を自力で登るようなものだ。

IMG_5546

前置きが長くなったが、ロッジきよかわにある洗濯機も二層式洗濯機である。
今回はそんな二層式洗濯機の使い方の説明をしたいと思う。

一般的な需要はないかもしれないが、このブログを見る方々はロッジきよかわに興味を持ってくれている人もいる→もしかするとロッジきよかわの洗濯機を利用して下さるかもしれない、という謎の論理から、実際にロッジきよかわの洗濯機を特別に使用して実演したい。
ロッジきよかわにご宿泊いただくお客様は、洗濯機が一回150円(洗剤付)で利用可能です。

簡単に説明すると、二層式洗濯機は「洗濯」と「すすぎ」を行う槽と「脱水」を行う槽が分かれている洗濯機。
それぞれの作業工程を各層で行う。そのため、洗濯槽と脱水槽の間で洗濯物を移し替える必要がある。

IMG_5547

まずは洗濯機に服と洗剤を入れる。写真が笑顔なのは服が臭くないから…ですかね。
  ↓
水を入れる。
  ↓
そして洗濯タイマーのスイッチを回す。そこまで膨大な量でなければ5分程度で問題はない。
  ↓
すすぎ。水を流しながら排水に切り替え、もう一度洗濯タイマースイッチを回す。時間は10分程度。
  ↓

IMG_5550

脱水。脱水層に服を移す。
ここで重要なのは服をきちんと平行に入れること!ここを怠ると脱水が出来ない。
私も最初服を適当に放り込んだらもう一度入れ直す羽目になった。

  

 

流れとしては以上。

この後、乾燥機に入れるとホカホカのお弁当…いや、洗濯物が出てくる。
こちらも150円でご利用いただけますので、是非ご利用ください。

乾燥機を実際に利用して、コンビニのあったかい弁当を私は思い出した。

「あたためますか?(洗濯物)」

すべるかもしれないが、お客さんが来たらこのセリフを言ってみたい。

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

名も無い滝に名前がついた

里の旅だより

「どなたか命名してみませんか?」 と、名前を募集していた「名もない滝」。
ロッジきよかわから見える滝として、ブログでも何度かご紹介させていただていたのですが、なかなか名前が決まりませんでした。

ところが先日、ブログでご紹介した登山家の戸高さんと一緒にご宿泊されたグループの方々に、「この滝に名前をつけてみませんか」とご案内をしたところ、「わぁー!」という歓声と共に、みなさまの口からこんな素敵な名前が湧き出てきました。

 

 【 な な い ろ の た き 】

 

なぜ、「なないろ」なのかというと、
実はこの滝、お天気の良い日、ある時間になると「滝に虹がかかる」から。

13091933_836022849875919_5699941198520479936_n (1)

なるほど〜!!
ラッキーな瞬間に立ち会えたからこそ出てきた、素敵な名前だと思います。
まだ写真があまりないので、僕もシャッターチャンスを狙ってみるつもりです!

滝が七色に輝くのを見るためには様々な条件がありますが、
ロッジきよかわで、ある時間にしか見ることができない「なないろのたき」
皆さまも、見に来てみませんか?

何かラッキーなことが起こるかもしれませんよ〜!

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

さとのたびにっき/台湾のお客様が残してくれたもの

里の旅だより

こんにちは。
先日「さとのたびにっき」は終わりますと言いましたが、すごくありがたいことに好評だったらしい(pv数が1000を超えた)ので、引き続き、さとのたびにっきを書いていこうと思います!これからも、皆さんが「クスっと」笑えるようなシュールなブログを提供して江副先輩との差別化を図っていきたい(先輩は正統派ブログ?)と思います!

さてさて、GWも後半戦ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私はほぼ毎日ロッジきよかわでフル稼働しております。

それは、お客様が(震災の影響で少なくなったとはいえ)連日ご宿泊なさってくれているからです!
本当にありがたい話です。

今回は僕が体験した台湾からいらっしゃったお客様の話を。
この題名を見て、「忘れ物」か「ゴミ」…?と思った人はいらっしゃいますでしょうか。
残念ながら、それはブログに書かないでしょう(笑)

先日、台湾から8名のお客様がロッジきよかわに来てくださいました。

IMG_5538

朝食では牛乳・オレンジジュース・コーヒーをお客様にお選び頂いているのですが、

「ミルク!」「ミルク!」

たくさん牛乳をお代わりしていただきました。
一瞬乳製品関係者なのかと思ったのは冗談として、(コーヒーを注文されるお客様が多いので)印象に残りました。

そんな賑やかな台湾からのお客様がチェックアウトした後のこと。
チェックアウトした後は、部屋の清掃を行うのですが、その時に一枚の紙を見つけました。

SCN_0002

なんと、泊まっていただいたツリー型ハウスのイラストを描いてくれました!
幼少期から美術が大の苦手な私からしたら、この絵のクオリティにはビックリの一言です。

謝謝 很高興跟您見面! (ありがとう 会えて良かったです!)

あまりにも素敵な絵だったので、早速最近僕が作成したサイクリングマップに取り入れました。
自転車のレンタルをご希望のお客様には、サイクリングマップをお渡し致しますので
それと共に地図の中にあるこの素晴らしい絵にもご注目ください!

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

10 / 37«...89101112...2030...»