ラボログ

タイ人がぶんご大野に来た理由

里の旅だより

ちょこちょこロッジきよかわに「海外からお客様が来たよ!」とブログを書いておりますが、
実は、その中でも多いのが、「香港」と「タイ」からのお客様です。

・・なぜか?
僕も最初の頃はなぜ香港とタイからのゲストが多いのか分からなかったのですが、
ロッジに来るゲストからこんな言葉をいただく機会が度々ありました。

「まだ見たことない日本が見たいから」

よくよく聞いてみると、日本が好きで東京・大阪・福岡には行ったことがあるけど、
2回目・3回目の旅行では「都市では見られない日本が見たくて来た」ということでした。
香港からのゲスト曰く、「タイは分からないけど香港人はそういう人が多いよ!」とのこと。

・・確かに、ここぶんご大野は日本人でも見たことない日本を見ることができますね!

そして、先日もタイからのゲストにご宿泊いただいたのですが、彼は「タイ人は豊後大野のような素晴らしい場所に来てみたくても、福岡のような主要都市以外に行くのが難しいと思っている。」「だから、こんなに簡単に来れるんだよってことをみんなに教えたい」と言って、たくさん写真やムービーを撮っていました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-09-16-15-39

そんな彼から、本日、こんな動画が送られてきました!
言葉はタイ語がメインなので分かりませんが、自分が旅しているような気持ちになる楽しい動画です。

このムービーや何かのHPを見て来てくれたゲストが、「思ってた以上に良かった!」と、ぶんご大野・里の旅のファンになってもらえるよう頑張っていきたいと思います!

 

A guest from Thailand.
He said “I want to teach everybody that easily can come to Bungo-Ono.”
He sent me a movie of his journey in Oita (almost Bungo-Ono).
It is a fun movie to become a feeling like ourself journey.
Thank you John! “Good Trip!”

ロッジきよかわで合宿

里の旅だより

ご無沙汰しております!とっても暑かった8月、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて、ロッジきよかわには昨年に引き続き、今年の夏も日本文理大学の学生さんたちが合宿に来てくださりました。
この合宿では、”JR豊肥本線の豊後大野市区間を中核として、「ローカル沿線の日常」を題材に観光資源としての魅力を学生目線で表現する”という目的で、2泊3日の日程で8班に分かれて主にぶんご大野市内で「小さな旅」をしていただいたようです。

ロッジのスタッフ長岡くんも小さな旅をお手伝いしました。
そう、長岡くんは自転車で周辺を何度も走り回ってレンタサイクルのコースを開発していたからです。

1日目、清川班の男子学生さん達をご案内!
長岡くん、張り切っています!

IMG_6061

2日目は、緒方班の女子学生さん達をご案内!
長岡くん、1日目と違い、なぜか少し緊張気味です!

IMG_6066

何はともあれ・・ちょっとシャイでも無事ご案内できたようです。
他の班の学生さん達も列車に乗ったり、まちを歩いたりしながら、
各班ぶんご大野の魅力を一生懸命探索されたようです。

 

最終日は、清流沿いでそれぞれの班の「小さな旅」のまとめ作業!
・・大学生によるこのワーキング風景はロッジきよかわならではですね♪

IMG_6076
IMG_6079

そして!ワーキング終了後は、恒例のピザ焼き体験!

IMG_6100

いつもはトッピングできたピザを石窯で焼くところは基本的にスタッフがやるのですが、
なんとピザ屋さんでアルバイトをしている学生さんもいたため、お手伝いしていただきました!
さすが〜!ポーズがピザ屋さんっぽい(?)ですね〜

IMG_6130

・・そんなこんなで、あっという間の2泊3日でした。
お天気にも恵まれ(昨年は台風でした)、良い合宿となったのではないかと思います。
学生さん達による今回の「小さな旅」で、どんなぶんご大野の魅力が発見できたのか、とても気になります!

そして案内前に緊張していた長岡くんは小さな旅のサポートをしている間、女子学生さん達と上手く話すことができたのか!?
・・こちらも気になります!(写真は合宿に参加された学生さん達とロッジスタッフです)

IMG_6149

さとのたびにっき/里の旅奮闘記

里の旅だより

こんにちは!8月も早いものでもう中旬です。

私の汗はとどまることを知らず、まるで原尻の滝のように…

嘘です。盛りすぎました。

それにしても暑いです。
そんな暑い日々の楽しみは午前中の掃除の休憩時間中に飲むコーラです。
8月に入ってからほぼ毎日飲んでいます。

IMG_5957

休憩時間にみんなで分け合って(500mlを5、6人で)飲んでます。
量自体はそこまで多くないのですが、それがすごくおいしく感じるのです。

最近は乾杯をしてみんなでテンションを上げています。

お盆付近は多くのお客様に来て頂けるので、暑さに負けずに行きたいと思います。

そしてこの夏を乗り越えて一皮むけれるように頑張ります!

IMG_5955

今年も仕上がりました!

里の旅だより

いよいよ本日から夏休みに入りましたね!
ロッジきよかわも昨年7月25日にリニューアルオープンしてから、2年目の夏を迎えます。
若いスタッフも増え、より一層盛り上げていきたいと思っております!

さて、ロッジきよかわでは夕食も朝食もご提供しておりますが、
夏季シーズンはBBQサイトで食事をされるお客様もいらっしゃいます。

BBQサイトをご利用のお客様のため、先日はサイトに屋根を作りました!

棟梁はもちろん、長吉さん。

IMG_5895

流木や竹を使ってBBQサイトの屋根をビニールシート(ちょっといいやつ)で作ります!

IMG_5897

長岡くんも頑張っています!焼けてます!空も水も帽子も青い!

IMG_5909

これが実は結構大変な作業で、半日かかりましたが・・ようやく完成!

IMG_5915

手作り感満載のBBQサイトの屋根が出来上がりました!

 

早速、地元の若い子たちが日帰りで遊びに来てくれました〜♪
高校の同級生メンバーで楽しそうに過ごしていただけて良かったです。

写真 2016-07-21 20 18 02

あまりキャパは大きくありませんが、水辺でのんびり過ごしていただけるスペースとなっています。

また、7月28日(木)放送のTOS「ゆ〜わくワイド」で、(BBQサイトは出ませんが)
ロッジきよかわの施設や豊後牛・豊のしゃもを使った食事が紹介されますので、みなさま是非ご覧ください!

レポーターはテレビ大分の元お天気キャスター・幸さんです。
たまたま同い年だったためか、僕がやたら「幸さん!!」を連呼しているかもしれませんがお許しください。

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

さとのたびにっき/果てしない雑草の向こうに

里の旅だより

久しぶりにブログを書きます、長岡です。

今私が行っている作業は草抜きです。
前のブログでも言及しておりますが、地味です。そして果てしない。

IMG_5731

今回のブログでは草抜きの意義を見出してみました。

施設内をきれいにするというのは言うまでもありませんが、私が考えた一番の意義は全体を見渡す訓練になるという事です。
雑草はロッジきよかわの施設内のいたるところに生えており、1日2日経つとあっという間に伸びます(雨の日は特にです。)

最初の頃はただがむしゃらに草を抜いていましたが、最近は「今日はここの草が伸びてきているから、ここを重点的に抜いておこう」「今日はこの部屋にお客様が泊まるから部屋付近の雑草を抜いておこう」 なんてことを考えながら作業をしています。

IMG_5746

たかが草抜き、されど草抜き。どんな仕事でも意義があると実感しております。

7月に入り、多くのご予約を頂いております。
まだまだ未熟ではありますが、少しでもお客様にレベルアップした姿をお見せできるように精進していきます!

IMG_5748

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?
別途、朝4時間(または午後4時間)程度のパートタイムスタッフも募集しております

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

10 / 38«...89101112...2030...»