ラボログ

さとのたびにっき/何故服を洗うのか

里の旅だより

本日は少し番外編。

私が豊後大野で一人暮らしを始めて、1ヶ月が経過した。
家事と呼ばれる分野に、初めて手を出した。

そんな今、何故服を洗うのかと問われたら、私はこう答えるだろう。

「そこ(家)に(洗濯物の)山があるからだ」

名言に被せてみたが、「1人暮らしの分際で、(洗濯物の)山なんて言ってんじゃないわよ」
そんな声が聞こえてきそうだ。

しかし、反論させて頂きたい。
私が洗濯するのは週二回。主婦の方は(大体)毎日家族の服を洗濯する。 
だが、今の時代ほとんどの方は全自動洗濯機を利用している。そんな中、私は二層式洗濯機を利用している。

例えるなら、主婦の方は毎日車で富士山五合目まで行き、登頂する。私はたまに標高1000メートルの山を自力で登るようなものだ。

IMG_5546

前置きが長くなったが、ロッジきよかわにある洗濯機も二層式洗濯機である。
今回はそんな二層式洗濯機の使い方の説明をしたいと思う。

一般的な需要はないかもしれないが、このブログを見る方々はロッジきよかわに興味を持ってくれている人もいる→もしかするとロッジきよかわの洗濯機を利用して下さるかもしれない、という謎の論理から、実際にロッジきよかわの洗濯機を特別に使用して実演したい。
ロッジきよかわにご宿泊いただくお客様は、洗濯機が一回150円(洗剤付)で利用可能です。

簡単に説明すると、二層式洗濯機は「洗濯」と「すすぎ」を行う槽と「脱水」を行う槽が分かれている洗濯機。
それぞれの作業工程を各層で行う。そのため、洗濯槽と脱水槽の間で洗濯物を移し替える必要がある。

IMG_5547

まずは洗濯機に服と洗剤を入れる。写真が笑顔なのは服が臭くないから…ですかね。
  ↓
水を入れる。
  ↓
そして洗濯タイマーのスイッチを回す。そこまで膨大な量でなければ5分程度で問題はない。
  ↓
すすぎ。水を流しながら排水に切り替え、もう一度洗濯タイマースイッチを回す。時間は10分程度。
  ↓

IMG_5550

脱水。脱水層に服を移す。
ここで重要なのは服をきちんと平行に入れること!ここを怠ると脱水が出来ない。
私も最初服を適当に放り込んだらもう一度入れ直す羽目になった。

  

 

流れとしては以上。

この後、乾燥機に入れるとホカホカのお弁当…いや、洗濯物が出てくる。
こちらも150円でご利用いただけますので、是非ご利用ください。

乾燥機を実際に利用して、コンビニのあったかい弁当を私は思い出した。

「あたためますか?(洗濯物)」

すべるかもしれないが、お客さんが来たらこのセリフを言ってみたい。

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

名も無い滝に名前がついた

里の旅だより

「どなたか命名してみませんか?」 と、名前を募集していた「名もない滝」。
ロッジきよかわから見える滝として、ブログでも何度かご紹介させていただていたのですが、なかなか名前が決まりませんでした。

ところが先日、ブログでご紹介した登山家の戸高さんと一緒にご宿泊されたグループの方々に、「この滝に名前をつけてみませんか」とご案内をしたところ、「わぁー!」という歓声と共に、みなさまの口からこんな素敵な名前が湧き出てきました。

 

 【 な な い ろ の た き 】

 

なぜ、「なないろ」なのかというと、
実はこの滝、お天気の良い日、ある時間になると「滝に虹がかかる」から。

13091933_836022849875919_5699941198520479936_n (1)

なるほど〜!!
ラッキーな瞬間に立ち会えたからこそ出てきた、素敵な名前だと思います。
まだ写真があまりないので、僕もシャッターチャンスを狙ってみるつもりです!

滝が七色に輝くのを見るためには様々な条件がありますが、
ロッジきよかわで、ある時間にしか見ることができない「なないろのたき」
皆さまも、見に来てみませんか?

何かラッキーなことが起こるかもしれませんよ〜!

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

さとのたびにっき/台湾のお客様が残してくれたもの

里の旅だより

こんにちは。
先日「さとのたびにっき」は終わりますと言いましたが、すごくありがたいことに好評だったらしい(pv数が1000を超えた)ので、引き続き、さとのたびにっきを書いていこうと思います!これからも、皆さんが「クスっと」笑えるようなシュールなブログを提供して江副先輩との差別化を図っていきたい(先輩は正統派ブログ?)と思います!

さてさて、GWも後半戦ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私はほぼ毎日ロッジきよかわでフル稼働しております。

それは、お客様が(震災の影響で少なくなったとはいえ)連日ご宿泊なさってくれているからです!
本当にありがたい話です。

今回は僕が体験した台湾からいらっしゃったお客様の話を。
この題名を見て、「忘れ物」か「ゴミ」…?と思った人はいらっしゃいますでしょうか。
残念ながら、それはブログに書かないでしょう(笑)

先日、台湾から8名のお客様がロッジきよかわに来てくださいました。

IMG_5538

朝食では牛乳・オレンジジュース・コーヒーをお客様にお選び頂いているのですが、

「ミルク!」「ミルク!」

たくさん牛乳をお代わりしていただきました。
一瞬乳製品関係者なのかと思ったのは冗談として、(コーヒーを注文されるお客様が多いので)印象に残りました。

そんな賑やかな台湾からのお客様がチェックアウトした後のこと。
チェックアウトした後は、部屋の清掃を行うのですが、その時に一枚の紙を見つけました。

SCN_0002

なんと、泊まっていただいたツリー型ハウスのイラストを描いてくれました!
幼少期から美術が大の苦手な私からしたら、この絵のクオリティにはビックリの一言です。

謝謝 很高興跟您見面! (ありがとう 会えて良かったです!)

あまりにも素敵な絵だったので、早速最近僕が作成したサイクリングマップに取り入れました。
自転車のレンタルをご希望のお客様には、サイクリングマップをお渡し致しますので
それと共に地図の中にあるこの素晴らしい絵にもご注目ください!

 

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフを募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

五感で楽しめるもの

里の旅だより

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

ロッジきよかわにとってはオープン以来、初めてのゴールデンウィーク。
4月14日からの地震でたくさんのご予約がキャンセルになってしまったものの・・
今日も元気に営業しております〜そんなGW4日目です!

おかげさまで、29日からは、ご宿泊のお客様もいらっしゃいます。

そこで!
ロッジきよかわに五感で楽しめる「とあるスペース」を作ることにしました!

まず、ロッジのすぐそばにある竹林で大きな竹を何本か切りだし、

IMG_5480

ついでに、4月から公社に入った地域おこし協力隊の「長岡くん」もチェーンソーを使う練習をします!
(まだちょっぴりへっぴり腰ですが、これからバチッとキメていくとのことです)

IMG_5487

それから、長岡くんと2人で竹を運び・・・さてさて!この竹、何になるでしょうか?
(ヒント:僕の右で何か作業をしているのは公社の大工方・長吉さんです)

IMG_5477

答えは・・・

IMG_5527

竹のベンチでした。
もはや長吉さん、何でも作ってくれるので、ヒントになってないような気もします。
先日のブログでも少し紹介されましたが、竹のベンチで焚き火コーナーを囲んで「焚き火体験スペース」の出来上がり!

IMG_5529

早速、この日のお客様に焚き火体験をしていただきました〜

IMG_5516

周囲が真っ暗になり、少し肌寒く感じる時間からスタート。
なぜか見入ってしまう炎と薪の燃える匂い、パチパチとはぜる音、ふんわり柔らかい暖かさ。
「五感」で楽しめる焚き火、清流沿いの最高のお席をご準備していますよ。

あ、でもよく考えるとこれではまだ「味覚」が抜けてますね・・
アイデア、お待ちしています!

We made a space of bonfire!
There is also a bench made from bamboo.

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

ペンション望郷・ロッジ近景/登山家と過ごした2日間

里の旅だより

4/29から1泊2日の日程で、世界的登山家の戸高さんプロデュースによる現場感満載の「泊りがけワークショップ」があった。この度、一連の地震で、キャンセルが続き、このワークショップも中止になると思っていたが、隣町・宇目ご出身の戸高さん(現在は神奈川県在住)は、詳細をよくご存じで、この町が安全なことをキャッチされていた。

◎戸高さんのゆるやかな時間と共にワークショップがスタート
IMG_5468

若いころK2峰やチョモランマ(エベレスト山)など、単独無酸素のアタックを重ね、自然界でギリギリの状況をくぐり抜けてきた戸高さんのワークショップは、そのギリギリの状態とは真逆・・自然界とゆったり穏やかな時間を共有するための、心地よい時間の連続だった。

ただ、夜のミニ講演会で「自然界を押さえきれる人間など存在しない」といった論旨の解説を、様々な登山体験とその写真群を交え話されたときは、穏やかだったその横顔がキリキリし、口調も厳しくなった。

◎世界的登山家・戸高さんの講演の様子
IMG_5504

表情豊かで類まれな自然環境を有し、その一方で、人知が及ばない、どうすることもできない自然界と一対のニッポン。戸高さんと過ごした2日間は、厳しさの中にある穏やかさが、いかに得難い環境であるかを感じさせてくれる2日間となった。

 

◎夜のワークショップは「たき火体験」と共に! スタッフが「たき火体験サークル」をせっせと作っています。
IMG_5478

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<夏のスタッフも募集しております>
夏のシーズン、ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集しております。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、[info@sato-no-tabi.jp]までお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

10 / 36«...89101112...2030...»