ラボログ

あさじ里の旅コースを歩いてみた

里の旅だより

えぞえです。
あさじ里の旅コースができたということで、歩き+宿泊のお客さまにもご案内ができるよう実際に歩いてまいりました。
豊後大野に来てから移動は車ばかりだったんですが・・全行程約10.9km・・しっかり歩くのはとても久しぶり!!

 

それでは、わたくし目線のあさじ里の旅コース・・ダイジェストで、ご覧ください。

見どころがのっているマップを手に、朝地駅をスタートします。

_MG_6551

オレンジと赤のリボンが目印になっているので、これをたどっていきます。

_MG_6571

少し坂道を上がっていくと、いよいよ山の中へ!
(このへんからテンションがあがってきます)

_MG_6573

山を抜けると、広がる田園風景!!
稲が金色に色づきだしていて本当にキレイでした。
(向こうにうっすら見えるのが祖母山系)

_MG_6594

リボンを探しながら歩くのは意外と楽しいです。

_MG_6714

分かれ道があった時は、ちょっと辺りを見回して・・

_MG_6664

こんな感じで色んなところにリボンがついています。
(僕の頭の右上です)

_MG_6666

リボンが見当たらなくてウロウロしていると、幼稚園の子供達が「ここにあるよ〜!」と教えてくれました。
これはなかなかおもしろい場所にありますね!!

IMG_2774

しばらく歩いていくと、コースの見どころの1つ「素掘りトンネル」に到着!

_MG_6687
_MG_6692

どうですか?・・・なんかすごいでしょう?
トンネルの中で自撮りしてみましたが、暗くてよく分かりませんでした。
写真を撮るなら、入り口がおすすめです〜

さらに山の中を歩いていくと・・

_MG_6724

出ました、UFO!

_MG_6733

朝倉文夫記念館はもちろん、朝倉文夫記念公園にも色んな作品があります。

_MG_6736

そして、この朝倉文夫記念館が折り返し地点です。
田園風景が続きますが、どの田園風景もそれぞれ美しくて、ぼーっと眺めていたくなります。

_MG_6614
_MG_6759
IMG_2807

道に迷っていなくても、道を教えてくれる地元のお父さん。

_MG_6833

帰り道にも素掘りトンネルが!!

_MG_6846

行きのトンネルとはまた違った雰囲気です。

そして、コース終盤の大恩寺さん。
ここを抜けると、もうすぐゴールの「道の駅あさじ」です!
(運動不足の僕はここらへんでバテていました)

_MG_6854
_MG_6866

とうとうゴール!
新鮮素材が豊富なので、歩いた後にお土産を買うならここですね♪

_MG_6872

今回一緒に歩いたのは、デザイナーの野崎さん。
お花をたくさん撮っていました。

IMG_2764

野崎さんのガーリーなお花の写真が、こちら。

_MG_6587
_MG_6773
_MG_6698
IMG_2789

ガーリーですね〜

というわけで、僕目線のあさじ里の旅コースはいかがでしたでしょうか!?
歩く人によって楽しめるポイントも違うと思いますので、気持ちのいい秋の季節・・みなさまも是非歩いてみてください♪

11月限定のお得なキャンペーンもやっております!

コースマップはこちら(googleマップ)

ペンション望郷・ロッジ近景/柿の木のグラデーション

里の旅だより

梅雨のころ、小さな小さな実を付けた柿の木の下に、まだ青々とした親指大の柿の実が落ちているのを発見し、「こんなに小さな実でも、落ちるんや・・」と、驚いたが・・

IMG_0746 (1)

秋真っ盛りのこの日、ロッジきよかわの敷地内にある数本の柿の木を何気なく見上げ、ある柿の木に驚いた。お~・・柿の木にグラデーションや!

IMG_2752
IMG_2755

新緑のころに見た青く小さな柿とはまったく違い、盛りの柿の実、熟れきった柿の実、ぶら下がってるのに、すでに“吊るし柿のようなカキの実”、それぞれの中間領域のようなカキの実、それらのすべてがある一本の柿の木に、「落ちるのはいやや」とでも言わんばかりにぶら下がってる。

ちかごろは、「落下盛んの柿の実 ぼとり」とばかり思ってたのに、「落ちるの嫌がる 柿の実のグラデーション」を見て、適度な時期に落下する方がいいのか、熟れきっても必死に落ちない方がいいのか、柿の木に思索する秋の夕暮れ時となりました。

IMG_2748

ペンション望郷・ロッジ近景/豊後大野から御堂筋へ

里の旅だより

熟れに熟れた銀杏の落下のことを書いたら、知人のNPO仲間からコメントが帰ってきた。

その彼らはいま、大阪市役所前の土佐堀川(御堂筋の北の起点にあたる)の川の港で、こんなNPO企画を繰り広げている。もう早いもので10年目(NPO創設からはさらにプラスして数年)。

www.tabiclub.org/event/

150823ご来光フライヤー_2015OL

川の港といえば、豊後大野にもある。歴史ある犬飼港跡だ。ここの話を豊後大野市歴史民俗資料館の先生方にお聞きしたことがある。

この大阪・中之島の川の港と、犬飼港は江戸期、密接につながっていたというう話だ。

ボクも、もっともっとつながっていたいと思う・・秋はさみしいから・・

ペンション望郷・ロッジ近景/豊後大野で御堂筋を思い出す

里の旅だより

何日か前から、熟れに熟れた銀杏の落下が激しい・・クサイ・・臭いといえば秋の御堂筋!大阪のシンボルロード・御堂筋では、熟れて落ちる銀杏ではなく(9月の声を聞くと早々に)「熟れきっていない銀杏」を、大阪市の道路管理セクションがクレーン車を動員し、ゆすりまくって一斉に無理やり落とす。

「熟れた銀杏が道路に落下すると臭いから」というのが理由で、道路に落ちる前を見計らいクレーン車で銀杏を強制落下させる。梅田新道東の御堂筋スタートラインから難波・高島屋前まで、御堂筋全線にある膨大で巨木ぞろいのイチョウに成った、銀杏を“強制収穫”するわけだ。

とろが、すべて計画通りにはいかず、手こぼれしたものが道に落ちる。それを狙うおばちゃんたちがいる。おばちゃんらの行動は素早い。ビニール袋に収容し・・それだけならいいのだが・・さらに素早く、“それ用のズック靴の裏”で素早く道にこすりつけ、実だけを取ってゆく。

・・御堂筋一面の歩道は果肉が擦りつけられて黄色く色づき・・ハッキリ言ってクサイを通り越し、御堂筋が銀杏臭に埋まるのである。昔「雨の御堂筋」というヒット曲があったが、秋の御堂筋は「銀杏臭の御堂筋」なのである。

それにしても、銀杏の実はあんなに臭いのに、かくもなぜ? 熟れた銀杏の実はこんなに美味なのか・・御堂筋の銀杏よりも小ぶりではあるが、熟れた銀杏の実を試食し、あまりに美味なので驚いた。本日(ほぼ)全量収穫! 実りの秋!!

IMG_2722-2
IMG_2736-2
IMG_2742-2

はぴぱ!

里の旅だより

本日の大分合同新聞に掲載されましたが、ロッジきよかわでHAPPY PIZZA PARTY(以下、はぴぱ!)やります!
ぶんご大野の大自然の中でみんなで楽しくピザを焼きませんか〜?

それでは、チラッとイメージをご紹介!

はぴぱ!で焼くピザは・・

_MG_4946

そう、もちろん「けんたろうピザ」です!
(ぶんご大野のブランド地鶏・豊のしゃもがトッピングされたピザ)

 

そしてご参加いただくみなさまにピザ焼きレクチャーをするのは・・

IMG_2019

まだ独身の、けんたろうさん!
(本日は後ろ姿だけで・・・)

わたくし、エゾエもご参加いただく皆さまに楽しんでいただけるよう、お手伝いします!

 

というわけで、本日から「はぴぱ!」予約受付開始しております!
なんかおもしろいことないかな〜・・と思っているあなた、是非ご参加ください。
お1人さまでも、私たちロッジのスタッフがサポートさせていただきますので、安心して遊びに来てくださいね!

はぴぱ!関連の情報は、今後ロッジきよかわのfacebookやインスタグラムでも随時更新していきます。
是非チェックしてください♪

20 / 37«...10...1819202122...30...»