ラボログ

開墾はじめました(パート2)

里の旅だより

(パート1)はこちら

最近、朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。
特に朝・・デスクワークで冷え切った体を暖めるのには畑仕事がオススメです!

今回はこんな感じの仕上がり!

IMG_3074

前回とどこが変わったのか・・

見た目はほとんど変わっていませんが、今回はお手軽かつ、エコな「土壌改良」にチャレンジしてみました!
もう少し平たく言うと「腐葉土作り」です!

それでは、簡単に今回のチャレンジをご紹介させていただきます!

まず、30㎝くらい土を掘っていきます。

IMG_3052

掘ったところに入れるのは、なんと、ロッジの草刈りで刈った「草」!!

IMG_3056

まんべんな〜く草を敷き詰めていきます。

IMG_3058

隣の列から土をかぶせます。

IMG_3062

(以降、同じ作業の繰り返し×10回くらい)
地元のお母さんに、これが最近流行り?の腐葉土の作り方だと教わりました。

さて、しばらく寝かせてふっかふかの腐葉土ができるのか!?
無農薬で新鮮なロッジきよかわ自家製ほにゃららを作ってお客様にお出しするのが楽しみです。

神楽侍 船上で舞う ~その弐~

里の旅だより

前記事はこちら

翌朝、フェリーは神戸港に到着し、神楽メンバーはいったん下船。ターミナル出入り口には、なんと豊後大野市の「普光寺磨崖仏」(ふこうじまがいぶつ)のポスターが貼ってあり申した。

IMG_2892-2

「普光寺磨崖仏」は豊後大野市朝地町にある国内でも最大級の磨崖仏。400キロは離れた異国のような地で目にするとは思いもよらず。まことに「さんふらわあ」さん天晴れである。

上陸を果たしフェリーの大きさに改めて驚く。豊後大野市は海に面していない内陸の地なのでフェリーを初めて見るという人もおり興味津津。

IMG_2884-2

せっかく神戸まで来たので観光に行きたかったが、上陸は小一時間に留めて船へ戻り、さっそく身支度。 そう、これから「昼の瀬戸内感動クルーズ」に参加し、皆さまに神楽を見てもらうのだ!お客様の乗船が始まると「わぁ神楽だ!」「何時から舞うの?」と質問や記念撮影の依頼が続く。前評判は上々である。

IMG_2912-2

出港時には「フェリーさんふらわあ」さんのご厚意でテープ投げをさせていただき申した。荒神(こうじん)と姫が出港のテープ投げをするのは史上初めてではなかろうか?

IMG_2926-2

出演まで時間があるためしばし待機中、その間、船は明石海峡大橋を通過することに。

IMG_2931-2
IMG_2934-2
IMG_2939-2

信じられないほどの巨大な人工物!大きなフェリーが容易に下を通過できるほどの威容。明石海峡大橋は兵庫県と四国を繋ぐ世界最長(全長3,911m)のつり橋であるとのこと。人間があれほどの物を造ったことが、それがし未だ信じられず・・・かような体験が出来ることは正に船旅の醍醐味でありますなぁ。

おっと、今回は書くことが多すぎて神楽にいきつかず。 次回こそは神楽をご紹介いたす。お楽しみに!

ペンション望郷・ロッジ近景/大分空港と関空

里の旅だより

うちのラストサムライが「さんふらわあ」さんのことを書いたので、ここはひとつ空のことも・・

バブル経済の終焉期に開港した関空は、関西では「間違って作ってしまったどうしようもないもの」との評価がながらく一般的で、10年ほど前まではそのような評価が大勢を占めていた。

ところがつい先日、別府杉乃井ホテルも運営する優良企業が主幹事のSPC(specific purpose company:特別目的会社/そのことをするために組成された特別な会社)が運営権落札コンペで勝利し、“その関空”の空港運営を担うことになる、との報道があった。

しかも、儲かる目算が立ったので、現・関空会社(半官半民の会社)が、おおっと、と、のけぞる「想定入札価格以上の運営権の落札」だったようだ。

LCC(格安航空会社)は既に市民権を得た。前出の“落札”もLCCのさらなる各段の飛躍を見込んだもので、第4ターミナルまで計画されるという。で、大分空港である・・

規模の大小はあっても、海上空港であるという点では関空と同じ! こんなにも美しく、六郷満山という、『日本文化のただ中に降り立つ』という点でも関空とよく似ている。

三菱リージョナル・ジェットが初飛行を優美にお披露し、今後、地方空港の大活躍が、この国産初のジェット旅客機の就航(まだ先のことらしいが)と共に、たいへんな勢いで伸びることは容易に想像できる。

福岡空港や熊本空港経由ではなく・・「おんせん県おおいた」すなわち、日本文化を楽しむための観光中核都市(そんな言葉はないが)・・に、直接降り立ち、ニッポン観光を満喫するため“最初に降り立つ空港”それが大分空港!・・ そのような、ニッポン観光を象徴する空港に育つことを夢見るのである。

写真 2015-02-25 11 13 17 (1)

神楽侍 船上で舞う

里の旅だより

それがしは人呼んでラストサムライ「けんたろう」と申す。 どれくらいサムライかというと、モーニング娘こと「モー娘」を「蒙古襲来」のことかと勘違いするほどのサムライである。

それがしは神楽を修めておる。豊後大野市は神楽が非常に盛んな地域。舞は総じて荒々しく勇壮。それがし在籍する大野町の「浅草犬山神楽保存会」も激しい舞が特徴である。

さて、10月中ごろ「株式会社フェリーさんふらわあ」さんより 戦場 船上 で神楽を舞わせていただく機会をいただいた。依頼内容は、神戸発 大分行きのフェリーイベント「昼の瀬戸内感動クルーズ」での出演。

江戸時代、豊後大野市犬飼町の犬飼港(※下写真「犬飼港跡」)から船で大野川を下り、大分市鶴崎(三佐港)にて船を乗り換え、瀬戸内海を渡って大阪(大坂)まで行き来していたそうな。そして現代、フェリーが大分と関西を結び、その船上で豊後大野の神楽を舞う。実に感慨深いものである。

犬飼港跡の石畳DSC_6170

今回は前日夜から大分港発 神戸港行きフェリーに乗り込むことに。船の名は「さんふらわあ ごーるど」

IMG_2825 - コピー

調べたところ、総トン数1万1千トン、全長165m、速力23ノット ううむ・・・よく分からぬが、とにかくデカイ!客のみならずトラックや自家用車が何十台と載るのだから大したものである。

IMG_2829 - コピー

乗船手続きを済ませた我々はさっそく船内へ。 船内も広い!レストラン(バイキング)からゲームセンター、風呂、売店まで勢ぞろい。 豪華客船に見まごうばかり!!

IMG_2840 - コピー

このような凄い船に乗ると、ここで神楽を舞いたい!という「神楽魂」がたぎるもの。 本来予定していなかった「前日便での神楽」を舞うことに。

演目は「綱の武(つなのたけ)」。 四人の神々が白い綱を持ち、強くて怖い神(荒神(こうじん)。写真中央)に綱を取られまいと、あの手この手で抵抗奮闘するさまを表す。

IMG_2850 - コピー

荒神にささやかな抵抗をする四人の神々。やれ!やっちまえ!パンチにキックだ!!

IMG_2856 - コピー (2)

だが、荒れ狂う荒神に反撃されて・・・

IMG_2862 - コピー (3)

ついに綱を取られ申した。ちなみに奥の翁がそれがし。(荒神じゃないのかよ!とのツッコミは止めてくだされ)

IMG_2861 - コピー

このようにして「綱の武」は無事終了。 お客さまより拍手喝さいを浴び「どこから来たの?」「一緒に写真撮っていいですか?」と人だかり。しっかり豊後大野を宣伝してき申した。

2015-10-17_210412-2

さて、いよいよ翌日は本番「昼の瀬戸内感動クルーズ」での出演。 いやはや、どうなることやら・・・ 続きはまた後日。乞うご期待!

ペンション望郷・ロッジ近景/“里の旅”のススメ

里の旅だより

ロッジきよかわのご近所、「宝生寺さん」の夜景・・ウットリ見とれてしまった昨日の風景

IMG_3162

 

それに!

宝生寺さんから遠望する田畑のそこ、ここに延々と広がる小松明火祭り(こだいひまつり:この地域で親しまれている習俗的風習)の小さな灯が連続し幻想的だ

IMG_0007
IMG_0025 (1)

魅力あふれる“里の旅”の風景が、ここにある

20 / 38«...10...1819202122...30...»