ラボログ

Visit Japan! Eat タケノコ!

里の旅だより

こんにちは、えぞえです。

梅雨を迎えたものの、先週末は大変過ごしやすいお天気でしたね♪

 

そんな梅雨の時期ですが、先日はVisit Japan大使のジョージリム氏にご宿泊いただきました。

ご予約の際に、「観光庁に任命されたVisit Japan大使の方」と聞いたときは、

「大使!?」

「大使がロッジきよかわに!?」と、

どんな大層な方がいらっしゃるのかと少し緊張気味だったのですが、
実際にお会いしてみると、冗談好きで、とてもフレンドリーなお客様でした。

ジョージリム氏はシンガポール出身で、主にシンガポールでフリーペーパーを発行し、訪日旅行のPR活動をされているとのことで、お食事の際にはぶんご大野の観光やロッジきよかわについてたくさんお話させていただき、また、今のシンガポールの方々がどのような旅や体験を求めているのかといった貴重なお話も聞かせていただくことができました。

 

そんな中、今回のご宿泊で特に興味を持っていただいたのは・・なんと「タケノコ」!

6月のシーズンは、ロッジの至るところにタケノコがにょきにょき生えてくるので、
タケノコが採れた日は夕食と共に、採れたてタケノコをご提供することがあります。

この日も偶然タケノコを見つけたので、「そこで採れたタケノコです」と言ってお出しすると、

「そこで採れるの!?おいしい!」

「このタケノコを自分で掘ってみたい!」

という初めてのリクエストをいただいたので、翌日の朝はプチたけのこ掘りにチャレンジ!

 

タケノコのまわりを少しずつ掘っていって・・

ゲット!簡単です。

4月に採れる「孟宗竹」と比べると、小ぶりな「真竹」のタケノコですが、味はとっても美味しいです。

 

体験を終えて、同氏から、
「今のシンガポールでは自然と触れ合うことが難しく、特に自然を「五感」で感じることができる機会がほとんどない。」
「なので、シンガポールの方々にとって、鳥や虫、川が奏でる自然の音を聴きながら、自分の足で土や草の感触を感じ、その環境の中で味覚などの体験ができることに、多くの人がとても価値を感じるようになっている。そういう意味でこのマチはとっても良い環境だからもっとそういう体験作れるように頑張って!」とのお言葉をいただきました。

 

ぶんご大野に暮らす自分にとっては、この大自然がもはや当たり前の環境となってしまっていますが・・おっしゃる通り!また、そういったニーズはシンガポールの方に限った話でもないと思います。

ジオパーク&エコパークというミラクルな大自然に囲まれたぶんご大野。

そんな豊かな環境をもっと生かせるよう・・ネタ作りあるのみです。

マレーシアからの自転車旅

里の旅だより

先日のゲストはマレーシアから。

ロッジきよかわへは今年度、およそ15ヵ国からたくさんの外国人のお客様にお越しいただきました。
内訳としては韓国や香港などのアジアからのお客様が8割、アメリカやフランスなどの欧米からのお客様が2割といった感じです。
アジアからのお客様はレンタカーでお越しになる方がほとんどですが、ヨーロッパの方は列車を使って旅行される方が多い印象でした。

 

そんな中、先日のマレーシアのお客様からは、予約と共に短いメッセージが送られてきていました。

“we are cycling.”

・・サイクリング?
ちなみにロッジきよかわまで自転車でお越しになられるという外国人のお客様は初めてでした。

しかし、待てど暮らせどお客様はいらっしゃいません。
次第に周辺は暗くなり、時間はチェックイン最終時刻の20時になろうとしていました。
「こんなに真っ暗の中、本当にいらっしゃるのだろうか・・?」

だんだん心配になってきて、お客様にメッセージを送ろうとしていた矢先、まぶしく光るライトを頭につけた自転車集団が!!きたー!!

話を聞くと、この日は宮崎県の日向市から山を越え自転車で移動してきて、翌日はぶんご大野から別府へ向かうとのことでした。

自転車は全員マレーシアからマイバイクを飛行機に積んできたとのこと。
最近のクロスバイクはバラして小さくできるから、結構安く運べるみたいです。

九州の自転車旅はどうですか?と聞くと、
興奮気味に、「たくさんのトンネルとアップダウンアップダウン!!とにかくアーッペンダウンばかりだ!!」とおっしゃっていました。
とはいえ、みなさんで2週間かけて九州各地を楽しく満喫されているようで、「原尻の滝はとても珍しい滝で、滝の上を自転車で走れますよ〜」とご案内すると、「知らなかったけど、私たちは絶対ここに行く!」ととても喜ばれていました。

そして、出発前の一枚。

少しずつ暖かくなり桜が咲き始め、サイクリングにもいい季節ですね。
(僕はいまだかつてない花粉症に襲われていますが)

いってらっしゃーい!気をつけて楽しんできてくださいね〜

 

——————————-
★パートスタッフ募集中★
ぶんご大野へ遊びに来るお客様を一緒にお出迎えしませんか?
2〜3時間から・WワークもOK!比較的自由な就労が可能です。
※勤務条件等詳細については担当エゾエまでお気軽にご連絡下さい。
 TEL → (080-5267-0202)
——————————-

小さなアーティストが泊まったら・・

里の旅だより

最近は随分暖かくなってきて春の訪れを感じるようになってきましたね。
ロッジの梅もほぼ満開!歩いているとフワッととてもいい香りがします。

さて、本日は竹田で「岡の里名水マラソン」が開催されているということで、昨年もマラソン大会前日にご宿泊いただいたお客様に、今年もリピートでお越しいただけました。本当に嬉しい限りです!

今日は、そんなお客様のお子様(3名)たちとの、今朝の一幕をご紹介します。

 

ちょうど朝食が終わった頃、「部屋にお魚がいるよ〜見に来て!」と声をかけられました。

確かに川はすぐそばですが、「そんなまさか!?」
と思っていたら、どうやらツリー型ハウスの中を自分たちで水族館仕様にしたとのこと。

誘われるがまま、水族館ハウスを覗きに行ってみました。

するとビックリ!

見くびっていたわけではありませんが、想像以上にクオリティが高い!
写真は一部だけですが、壁全面が魚だらけ!!

しかも・・

・・プレゼントが、もらえる。

館内にいる魚たちの説明を一通り受けた後、僕も魚探しに参加させら・・させていただきました。

これが探しはじめると意外と楽しい!

 

「チョウチンアンコウは机の近くでーす」

「タツノオトシゴは下の方に隠れていまーす」

などと、ひたすら子供たちにヒントをもらいながら、指定の魚を何とか5匹見つけることができました。

 

すると、「はーい、おめでとうございます!プレゼントを選んで下さい!」と言われ、

キッズぬり絵、いただきました。(これもクオリティ高い)

昨日の夜から一晩かけてツリー型ハウスをあそべる水族館ハウスに3人でリノベーションしたとのこと。
ただ水族館にしただけではなく、それをさらに楽しめるような仕掛けまであるなんて脱帽です!

そんな小さなアーティストさんたち。
最後は自分のお気に入りの魚を持っていただき記念撮影。

実際に体験させていただいて、僕もロッジきよかわに来てくれる子供さんたちがこんな風にもっと楽しめるような仕掛けを作ってみたくなりました。アーティストインレジデンス的な感じでできたらおもしろそうですよね!

頭カチカチおじさんも知恵を絞って、なにかやってみようと思います。

 

——————————-
★パートスタッフ募集中★
ぶんご大野へ遊びに来るお客様を一緒にお出迎えしませんか?
2〜3時間から・WワークもOK!比較的自由な就労が可能です。
※勤務条件等詳細については担当エゾエまでお気軽にご連絡下さい。
 TEL → (080-5267-0202)
——————————-

子供は風の子

里の旅だより

先週はオーストラリア、シンガポール、そして日本のお客様にご宿泊いただきました。

それぞれお子様と一緒にご宿泊いただいたのですが、冬でも子供さんは元気がいいのは世界共通!ロッジの自転車で走り回り、ハンモックを満喫するその姿を見て、気温に翻弄されている僕も元気をもらいました。

しいたけ狩りも楽しんでいただきましたよ〜♪

いい感じのしいたけ、できてます。

シンガポールから2泊してくれた男の子は、「みかん」という日本語を連呼しながらずっと走り回っていました。

帰り際みかんの袋を握りしめたまま、まだ遊び足りないとこの表情。

元気な風の子達のおかげで、僕もあたたかい時間を共に過ごさせていただきました。

まだもう少し寒い日が続きそうですが、ロッジきよかわでは風の子のお越しをお待ちしております♪
火の子(寒さに弱い大人の方)は厚着してお越しくださいね!

日本の風景といえば

里の旅だより

どんな風景を思い浮かべますか?

人それぞれ様々な風景を思い浮かべられると思いますが、
ロッジきよかわへお越しになる外国人のお客様には「干し柿」の風景が大人気です。

ぶんご大野に住んでいる僕たちにとってはもはや当たり前の風景なので、初めてお客様の反応を見た時は少し驚きました。
朝から一生懸命バシャバシャ写真を撮りまくっているので、「何の写真を撮ってるのかな?」と思っていたら、干し柿。
「What is this!?(これはなに!?)」 「Can eat? Can eat?」とめちゃくちゃ聞かれます。
毎回のように聞かれるおかげで、「柿」っていう英語と中国語を覚えました。

そして、「これはまだ渋いですよ」って説明しても「大丈夫!食べたい! Oh..おいしい!」みたいな。

海外からのお客様にとってはこれがオリジナルな「日本の風景」で、こういうところにも興味を持たれるんだなと。

 

というわけで、本日はロッジへ掃除に来てくれている地元のおばちゃん達と、干し柿づくりに励みました!

これが、ロッジきよかわにある柿の木。(全部で4本もあるのですが、まさかの全部渋柿)

こんな感じで高枝ばさみを使って柿をとります。
僕の下ではおばちゃん達が「あ〜おじぃ〜〜(こわい)」と言いながら見守り&柿キャッチ。

そして採りたての柿をきれいに洗って・・

皮を剥いていきます!
もうね、おばちゃん達の手際の良さが半端ないです。干し柿プロフェッショナル。

それから柿にヒモをどんどん付けていきます。

で、最後は熱湯に少し通してから、焼酎をちょっぴり吹き付けて完成!!

こんな感じになりました〜

少し寒々しい木々や空の色とは対照的で、見た感じも美しいです。
できあがりが楽しみだー

 

思うように集客できない時は「あれがあれば・・」とか「これが足りない」などとついつい考えてしまいがちですが、
ぶんご大野に「あるもの」にもっともっと目を向けて、それを、どういう風に魅せれば喜んでもらえるのか。
とりあえずそんな視点を磨こうぜ、と干し柿さんにも言われたような気がします。がんばります。

みなさまも年末は何かとお忙しいでしょうが、体には気をつけてくださいね!