ラボログ

外灯が灯った

里の旅だより

ロッジきよかわ開業に向けた準備作業がいつまでも続き、なかなか帰れない日々が続いたりもする。

だが、あたりは真っ暗・・改修中で外灯はなく、カギをかけて帰るにも難儀な日々だった。が、外灯が灯った!

IMG_2369
IMG_2373

明るい! 仕様そのものはたいへんローコストなものを選んでいただいたが、LEDの外灯は消費電力も少なく、ほんとうに明るい。

外灯が灯った「ロッジきよかわ」は、ただそれだけのことなのだが・・清新さが引き立ち、魅力が倍増したように感じ、なんだかうれしくなってくる。

もうすこし、もうすこし・・ワクワクどきどき感満載!!

 

◎求人ノート

夏の人、3ヶ月は試してみたい人、じっくり腰を据えたい人、など。

ロッジきよかわで働く仲間募集中。条件等委細面談。まずはメールでアナタのキャラクターをどうぞ。14111@sato-no-tabi.jp 李まで。

いよいよの時を迎えるが  雨が・・

里の旅だより

雨が続き、改修工事の最終盤を迎えて仕上げ工事がアリ歩行のようなスピードでしか進まない。あ~、焦る。

でも大工さんは悠然と「これ客室案内板に使い」・・とすごいものを作ってくださった。

これ、ドミトリーの客室表示

IMG_2350
IMG_2358

これは、ログハウス

IMG_2354
IMG_2355

これはキャビン

IMG_2359 (1)
IMG_2362

あ~ ありがたや・・サービス精神旺盛腕っこきの大工さん・・

その心意気がうれしい!!雨に負けず、開業準備に励むぞ~!!

 

おまけで

ツリー型ハウス・・ツリーの軸カラーで見分けます。先日のNHK海外ニュースでは、フランスで本格的ツリーハウスが 大人気だとか・・こっちはツリー“型”ハウスですが

・・いいもんです。

IMG_2367

本が並んで観光を考える

里の旅だより

観光というものはじつにいい加減なものである。

ルーズという意味ではなく、「いい湯加減」という意味においての『いい加減』さが求められるという点においてだ。

『いい加減』の提供は難しい。熱くても、ぬるくてもダメであろうし、キンキンの冷え冷えや、ギンギンの熱々を求められる場合もある。来街者やお客様のニーズは千差万別で、こちらを立てればこちらが立たず・・ということがしばしば起こりうる。独善的な得手勝手だけではなかなか事が立たない。

したがって、この点でも「いい加減な人間性が求められる」が、観光サービスの提供においてはそれなりの勉強が欠かせない。人それぞれの勉強スタイルがあるので、一概に「この勉強法がイイ」とは言いにくい。

・一人旅であっちこっちをうろうろし現場を訪ねて知見を蓄える

・読書という方法で見識を深める

・仕事という“境地”の中で得たものを昇華させる

などが主なものと考えているが、ボク自身は読書に弱い・・

何年か前、短大で教鞭をとっていた頃、読書の真似事をしてみたがこれがてんで長続きしなかった。短大を辞するときには「え~い」と、一切合財を廃棄した。

ところが、ロッジきよかわOPENを前にして、この環境を再評価してみたら、驚くほどサイコーな読書環境であったことに気づき、慌てた。で、恩師のような大学教授に無理をお願いし、千冊に近い図書を寄贈してもらった。

「まぁ~飾りくらいにはなるやろ。帽子の羽根みたいなもんや」とはその大学教授の弁・・いい加減なご厚意に頭が下がった。

IMG_8868

◎求人ノート

夏の人、3ヶ月は試してみたい人、じっくり腰を据えたい人、など。

ロッジきよかわで働く仲間募集中。条件等委細面談。まずはメールでアナタのキャラクターをどうぞ。14111@sato-no-tabi.jp 李まで。

折節を感じた朝

里の旅だより

このあいだまで 梅の実が占領した地面に

あさ 柿の木の小さな実がポトリ

 

そういえば アユの友釣りの姿もよく見かける

久しぶりに晴れ 蝉の鳴き声もかん高くなった

 

きょう夏空を見た

期待と不安が入り乱れ ゆっくりと夏を迎える

 

季節が進み あすは7月

いよいよ開業月を迎える

IMG_0746 (1)

知恵の仕事・汗の仕事

里の旅だより

きのうは、ぶんご大野里の旅公社が設立(昨年11月)されてからはじめての総会の日。理事会もあったし、賛助会員に向けた「活動報告会」もあったしで、けっこうたいへんな一日だった。

そのなかでも「活動報告会」はなかなか楽しいものとなった。今年3月、滋賀県大津市から移住してきた江副君がこれまでの成果・・みんなで企画した体験プログラムの数々をパワポをつかって、会員の皆さんに発表してくれたからだ。

_MG_4663

50名ほどの会場内は、関西訛りの若者が繰り広げるプレゼンに、しばし聞き入り、その一つひとつを和やかに精査した。一見するとわからなかったが、はじめての経験だったので、かなり緊張し、冷や汗をかき喉もカラカラになっていたとか・・

ん~、それはいけない。知恵の仕事の後は汗の仕事をやってみよう!と、いうことで、3週間ほど前、竹と格闘した「あの後始末作業」をこの日の午後、やることになった。冷や汗をかいた後は、本当の汗でリフレッシュというわけだ。

IMG_0506

作業時間約2時間。大汗をかきました。作業後、ここで収穫した梅の実で作ったプラムジュースを試飲。ウッメ~! 本当にウマイ!! この日の午後、川辺に「小さなハーブ畑」も作りました。ささやかな作業をくり返し続け、開業まで約1カ月余りとなりました。

IMG_0207
30 / 37«...1020...2829303132...»