ラボログ

開梱・組み立て

里の旅だより

フランスベッドが届いた!

IMG_1170

早速組立。コンフォーター(ベッドカバー一体のお布団)も届いたので、自分たちで組み付けた防炎ロールカーテンやナイトテーブルなど、コーディネートが気になっていたので、すべてを配置し、さっそく色彩や室内構成を確認。

また、天井が高いログハウスのこと・・選んだ照明も気になっていたし、コーナーに配した畳3畳がとても気になっていた・・全部をコーディネートし、さて・・こんな感じになりました!! これを見て、全員でホッ・・

IMG_1231
IMG_1214
IMG_1202 (1)

が、ホッとするのはまだ早い・・

今度は、ドミトリー(共同部屋)棟の2段ベッドが届きました。しかも、9台!

IMG_1238
IMG_1239

これも自分たちで開梱、組み立てなければなりません・・その量の多さを見てビビリました・・が、日が暮れるまで汗を流し、ぜ~んぶ、やってしまいました!!

IMG_1279

大汗をかいた昨日の一日! さて、本日も開店準備に汗を流します。

  

そこで・・ボランティア募集!

・プランターに花を定植してくれる人

・敷地内に釘やガラスが落ちていないか確認してくれる人

・ちょっとした草刈

・等々

これら・・ボクたちと一緒に汗を流してみようという方、まずは14111@sato-no-tabi.jp  担当、李までメールでどうぞ。

 

サルスベリ

里の旅だより

明日はどうなるのかとやや懐疑的ではあるが、やっと晴れた!

そのなかで、素人にできそうでできないこと・・本日はシルバー人材センターの方に剪定をお願いした。

IMG_1090

そこにボクの大好きな木、百日紅が含まれている。このサルスベリ、見事ではあるのだが、長年ほったらかしのまま、背丈だけがひょろひょろ伸び放題。そんな状態だったから花のツキが極端に悪かった。これで大丈夫かな・・

IMG_1092

この他にも、梅や桜、寒椿やモミジなど、ここにある木々のすべては、みなそのようなモヤシ状態だった。剪定・・人間でいえば躾け。木々も人も、育つ中での鍛錬みたいなものが必要、それがなければ樹勢が感じられず、人の成長も見られない・・自由奔放とは、そのような関所をくぐり抜けた先にある「解放区」・・そんなことを思った。

開業まであと10日・・

  

◎求人ノート

夏の人、3ヶ月は試してみたい人、じっくり腰を据えたい人、インターンシップの単位取得型など。「ロッジきよかわ」のワーキングホリデー!条件等委細面談。まずはメールでアナタのキャラクターを

14111@sato-no-tabi.jp  李まで

梅雨らしいツユ

里の旅だより

仕上げ工事の追い込みの土曜日にまたも雨。太平洋高気圧がもう少し強かったら梅雨前線も台風の雲も、一気に押しのけてくれるのに、今年の高気圧はなぜかくも弱いのか。

外で仕上げ作業をしている人たちはずぶ濡れだし、仕方なくデスクワークに明け暮れるこちらの心の中もずぶ濡れで、だんだん余裕がなくなってきた。

開業まであと2週間・・

IMG_1037-2
IMG_1039-2

◎求人ノート

夏の人、3ヶ月は試してみたい人、じっくり腰を据えたい人、など。ロッジきよかわでワーキングホリデー!楽しみませんか?条件等委細面談。まずはメールでアナタのキャラクターを14111@sato-no-tabi.jp 李まで

ツール

里の旅だより

観光を楽しむための小物・・いろいろあるがまずは地図。やっとできました!

まずは、この豊後大野市出身の若手落語家、春風亭朝也さんの音声ガイドとそれら場所・場所の映像が飛び出す仕組みを同調させ、これを精密な地図に組み込んだ労作。

東京は上野の落語協会の事務所に文案原稿と録音機材を持ち込み、朝也さんと悪戦苦闘したAR機能である(偉そうなことを言ってるがボクはいまだガラケーなので・・)。

もうひとつは・・コーヒーカップ。最初、クワガタ虫で作ろうとしたが試作で挫折。次は大分サンショウウオ(この付近に生息する県の天然記念物の小さな小さなサンショウウオ)とシイタケをあしらった作品。こちらは大成功!

IMG_0968

いまひとつ・・それらのロゴマークすべてを百円玉ほどの大きさの缶バッジに忍ばせた。

IMG_0978

いずれも、今夏・大分県の観光キャンペーンにあわせた逸品。地図は大急ぎで道の駅や豊後大野市内のホテル、公共施設などに配布する予定。コップと缶バッジはJR朝地駅などで販売する予定。

7月初旬に間にあってよかったと、ほっと一息・・

雨雨雨・・塗装ができない・・困ったなぁ~

里の旅だより

七夕か・・大阪天満宮では星合七夕祭り、そして天神祭りの準備も始まる。こちら単身赴任の豊後大野では、この長雨で、仕上げの塗装がいつまでたっても仕上がらない・・

ここのところ、塗装屋の大将と空を見上げ、一緒にため息をついている。で、本日は、雨が上がり「今日・明日で何とか・・」と、異口同音。

塗装工事は軽く見られがちなことがあるが、全工程の最後にカラーリングを間違うと、それまでの「いい工事」が露と消え去るような事にもなりかねないので要注意。

特にマンションの大規模修繕で、ちょっと凝りすぎたために外壁全体がヘンな色になり、その大規模修繕を仕切った「時の理事長」がえらい目にあった・・という話さえ聞いたことがあるほどだ。

管理棟のカラーリングもなんとか及第点で二人してホッとした・・蛇足ながら、ここに入ってくださっている塗装屋の大将は剣道の達人である!

IMG_0946
IMG_0954
30 / 38«...1020...2829303132...»