ラボログ

JR豊肥線・三重町駅前事務所での出会い

里の旅だより

引っ越し完了。昨日は疲れました・・

昨年11月、「ぶんご大野里の旅公社」ができて6カ月間、このマチで一番大きな駅前に事務所があったのだが、そのマチは市役所を含め県の出先などが集中している一方で、ビジターが訪ねてきて「観光案内を求められる」ということは、極めて稀であった。

この間、わずかながら大阪に帰省するとき以外、日曜・祝日の分け目なく、この駅前事務所に朝から晩まで出勤したが、純粋な観光ビジターが訪ねてきたのは20件にも満たず、観光という言葉よりも作業場という言葉がピッタリな、そんな事務所だった。

ところが、一度だけ「これぞ観光ビジター」という人たちがやってきたことがある。

11月の休日、隣町への乗り継ぎ列車の時間待ちで1時間半ほどだけの出会いであったが、「豊後大野というマチについての会話が弾み」、それが縁で事務所2階で列車待ちをしてもらうことになった。

東京からの女性3人グループ。石仏巡りと隣町のイベント見物。悔しいが・・豊後大野という存在については「?」だったが、目いっぱいセールスし、次回の来豊時には「豊後大野でぜひ宿泊を!」と、強くセールスし、お別れした。

image
「引っ越した時には“この写真をブログで使って”」と、お話もいただいていたので、この際、改めて了解を得、思い出の写真をお披露目させていただきました。

東京のMさん。お元気ですか~引っ越しましたよ~!

引っ越しのドタバタ

里の旅だより

本日もいい天気。で、いよいよ引っ越し当日。引っ越しと言えば思い出すのが20代から30代の琵琶湖時代。当時日本一若いペンションオーナーとして経営していたペンションを売却、近所の住宅に“自前”で引っ越すことになった時の事。

いまだに忘れることができない・・どうしてもと懇願され・・前日、30名の満室のお客様が泊まることに。さぁ~たいへん。おまけに、引っ越し当日「朝食も」となった。朝食後チエックアウト。その後「えいや~!」と片づけて知人の2トントラックでピストン往復。

チエックアウト後の“自前”の引っ越しという無謀を陣頭指揮してくれたのは、当時「カリモク家具」に努めていた、同い年のYさんだった。この日Yさんは、同じく応援に駆け付けてくれた数名のリピーターらを使いこなし、素晴らしい段取りで引っ越しを難なくこなしてくれた。

その後、彼は、若くしてトップセールスマンの仲間入りをし、結婚し、子供をもうけ、サラリーマン生活を全うして、長男であったため、岡山県高梁市の生まれ育った山深いマチに帰り、半農と自営の生活に入った。

そのYさんとは40代半まで親交が続いた。ところが、自営業の厳しさにやっと慣れてきた彼は3人の子を残し、くも膜下出血で突然、逝ってしまった。

彼とはまだまだ話したいことがあった。お互い大好きだったランドクルーザーのこと、下手の横好きだったウィンドサーフィンやヨットのこと、そして人生のこと・・今回の引っ越しはもちろん業者さんにお願いする。また、心強い若いスタッフもいる。だから、何の心配もない。

引っ越しの前日、引っ越す先で事前準備のために若いスタッフらと気持ちいい汗を流した。引っ越しには事前準備が欠かせないからだ!

image

そんな汗を流していたら、同じような年頃だった琵琶湖時代のあの頃が、ふと、よみがえりYさんのことが頭をよぎった。Yさんの夢は、「いつか高梁の自宅でロッジ経営がしたい」だった。

image (1)

「どんこ祭り」の都会性

里の旅だより

海のないこのマチにも港があった!

豊後大野市のもっとも東に位置する犬飼は、大野川の舟運、犬飼港による反映が長く続いたという。そのためか、人が集住、商いが勃興し、地域と地域・人と人が交わってできる都会性が継承されていて、なんだか楽しい。

例えば・・酒屋に併設された都会的下町センスの居酒屋があり、ハイテク技術の粋で100年以上も続く花火やさんがある。ボクの大好きな「お地蔵さんが波乗りしている」(ホント!)“波乗り地蔵”なんてものまで存在する。ありていに表現すれば、一次産業が分厚いこのマチにあって、都会的なのだ。

その象徴的なものが、毎年5月5日に開催される「どんこ釣り大会」。この祭り、信じ難いが、昭和4年に始まり今年で72回を数える。大分合同新聞をたどると昭和6年の「第3回ドンコ釣り風景」というのがある。昭和6年といえば大阪城が市民の寄付によって再建された年に重なる。歴史的には日本国中が「大きい」ことに沸いた時代だ。ボクが生まれ育った大阪でも「大大阪ブーム」が巻き起こる。

そんな時代に「ドンコ釣り大会/どんこ釣り大会」である。近年の写真がここある。

2015.4.27どんこのぼり写真

人の習性として、「小さな自分を大きく見せたがる」。祭りやイベントはたいがいがその類型で、ひたすら大きく見せようとするサガが切ない事すらあるのだが、「どんこ釣り大会」は違う。小さくてチャーミング!都会的センスにあふれてる。

決して耳触りがいいわけではない「どんこ」という表現をあえて使い、かつ、一見尻切れトンボのような「どんこの吹流し」を川面イッパイに敷き詰めて、いまも「どんこ釣り大会」が続けられている。驚愕としか言いようがない。

そういえば前出の花火屋さんの花火が毎月楽しめる「小さな花火大会」も「波乗り地蔵も」小さくてチャーミング。地域の人たちで盛り上げている。花のお江戸に負けない粋がある。無粋な大阪人から見るとなんだかうらやましい。

ちなみに、今年の「どんこ釣り大会」の案内はこちら。

CAFI31DT

この中の「どんこ君の学習会」というのに、ボクもボランティアでお手伝い。小さくてチャーミングなお祭りに、皆さんも遊びに来ませんか。

これが石風呂!

里の旅だより

「温泉県にあって温泉が無い」・・おっとどっこい! 豊後大野にゃ石風呂

石風呂って? ・・そうこんな感じです。

IMG_1387

石風呂に入湯中の皆さんは大阪からやってきた「NPO 法人もうひとつの旅クラブ」の面々。このNPO法人、設立されて既に10数年もたつ大阪初の観光マチづくりNPOで、面々には、こう見えて(失礼)・・大阪大学の先生や、超有名な観光旅館シリーズを手がける建築家、全国を飛び回っている人気のマチづくりプランナーらも。

ただし、このNPOの真骨頂は、そのようなメンバーの中にごく普通の人たちが多く混ざり込んでいて、いつもワイワイガヤガヤ。プロ目線と素人目線が強烈にぶつかって、大阪の観光シーンをリードしてきたところにある。たとえば・・「ご来光カフェ」なるイベントは、大阪都心・中之島で秋の風物詩として定着している。

すでに4代目の理事長となったが、じつはこのNPOの初代理事長は、ボク(あのころはまだ、若かった・・)。「大阪に観光なんて似合わない」と言われ続けたが、このNPOで試行錯誤した様々な名物企画が、いまや日の目を見ている。

で、石風呂である。今冬、NHKの「おはようニッポン」で紹介された石風呂シーンと、その際にガイドしていた女性に強く惹かれたNPOメンバーが、「豊後大野に行って石風呂に入り、あの女性に観光ガイドしてもらいたい」と、リクエストしてきて、今回それが実現した。

石風呂入浴時、あるNPOメンバーがつぶやいた、「観光は出会いであるとつくづく思う」と。豊後大野に泊まりたいとも・・そう、だから7/25、直営の宿泊施設「ロッジきよかわ」開業計画中! まだ見ぬ「あなた」と出会うため、こんな旅の宿、計画中で~す。手書きですが「ロッジきよかわ」のリーフレットです。

井崎マップ3

石風呂・・たぶん、フランス人やらドイツ人やら・・ヨーロッパ系のニッポン大好き人間が見たら「入りたい」って言うやろなぁ~

引っ越しです

里の旅だより

photo

昨年11月から「ぶんご大野里の旅公社」として活動してきたが、いよいよ・・JR豊肥線・三重町駅前、旧・観光協会時代からあった事務所から、お隣の駅、豊後清川駅2キロほどの距離にある清流沿いのキャンプ場にみんなで引っ越す。で、引っ越し準備に大わらわ。

このマチで一番大きな駅前から、清流沿いの水辺に移り今夏からはキャンプ場を改め修繕して「ロッジきよかわ」とし、宿泊営業を直営する。みんな平静を装っているが、ボクを含めて、そのプレッシャーは相当に大きい・・

このマチには温泉が無く(大分県は日本有数の温泉県)、一次産業が分厚く独特のホッコリ感が風景的な魅力を醸成している。人の雰囲気も素晴らしい。ただ、温泉県にあって温泉が無いということで、観光の産業化という点からはずいぶんほど遠い存在であった。

そこで、「里の旅・・地域のホッコリ感をゆっくり穏やかに滞在しつつ楽しんでもらおう!」と、「里の旅リゾート・ロッジきよかわ」を直営するのだが、なにせ、「温泉県にあって温泉が無い」いう刷り込み効果が、地域の側に強く、観光に対する意識は、いまもって高いとはいいがたい。

この感覚は、大阪で「街角のペンション」をはじめた当時と酷似していて、「大阪でペンションはないやろ・・」と失笑された時代が懐かしい。いま、大阪の観光は、その独特の立ち位置で、京都に呼応できる存在感を示すようになった。

大阪と京都。豊後大野市の「里の旅」と「おんせん県」。何年か先、そのような構図で「里の旅」が認知されることを、皆で強く願っての引っ越しである。

35 / 36«...1020...3233343536