ラボログ

今年の夏のふり返り

里の旅だより

こんにちは! えぞえです。
ブログの更新が随分遅くなってしまいましたが、
9月に入って、急に秋の装いを感じるようになってきました。

しかし、今年の夏は例年と比べても異常に暑かったですね〜!
みなさま、体調等崩されずご無事に過ごされたでしょうか。

ロッジきよかわにとっては、営業をスタートしてから3回目の夏でしたが、
特に嬉しかったことは、毎日のようにリピーターのお客様にお越しいただけたことでした。

「また来たよ〜元気にしてた?」

「あっ、ここ去年と変わったね!良くなったね!」

「子供がどうしてもロッジきよかわがいいと言ってなぁ!」

などなど・・
正直夏はとても大変ですが、こんな嬉しい言葉をたくさん頂けるおかげで本当に頑張れました。

 

7月からロッジに来てくれた超ハイテンションカナダ人・アレックスも頑張ってくれました。
夏はあまりブログが更新できなかったため、頑張るスタッフの様子をダイジェストでお送りします。

ツアーのお客さまのお出迎えをするアレックス(練習中)

さとのたびTシャツを買ってくれた女の子との一枚

大量の地元名物・しえまんじゅうをひたすら切り続けるみしろさん

アレックスも元シェフだったためか、食事の準備の時「だけ」は静かです。

黙々とシーツを回収するサンタクロース長岡

地元清川出身の高校生(川遊びが大好きなこうが君)もたくさん手伝いに来てくれました。
※夕方には毎日川沿いのゴミ拾いをしました

元ピザ職人だったためか、ピザ釜に火をつける時は謎の必勝はちまきを巻くアレックス

今年の日本文理大学様の合宿では、ピザ作りをレクチャー!

ちなみに、女の子と一緒に焼いている時はこんな顔。

以上、夏のダイジェストでした。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

 

そして昨日はいったんシーズン終わりということで、久々に長湯温泉に行ってリフレッシュ!
初めて「ガニ湯」に入りましたが、開放感が半端なく、とっても気持ちよかったです。

さて、こんな感じのダイジェストで特に脈絡のない記事となりましたが、ロッジきよかわは今日も元気に営業しております!
秋のシーズンのロッジはエメラルドグリーンの清流に囲まれたロケーションの中で感じる風と日差しが最高に気持ち良いですよ〜

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しい内容は、コチラのページをご覧ください。

豊後大野市地域おこし協力隊募集ページはコチラ
————————————————————————————————————————————————

仲間を募集していたら・・

里の旅だより

ロッジきよかわの新スタッフ、アレックスです。

IMG_8048

ご存知かもしれませんが、ロッジきよかわをオープンしてから、いつも一緒に働く仲間を募集していました。
去年の4月には神奈川県出身の長岡くんが、同じく去年の夏からは三重県出身のちっちさんが仲間になりました。

IMG_7761

そして、今年の夏。
とうとう国境を飛び越えて、カナダ(バンクーバー)出身のアレックスが仲間になりました。

カナダ人の父と日本人の母を持ち、カナダで生まれ育ったアレックス。
日本のどこかで暮らしながら働きたいと、約2ヶ月間日本中を旅行してまわり、
今年の5月にロッジきよかわへ泊まりにきてくれました。

「ここいいね〜僕もこんなところで働きたいよ〜!」と言われ、「じゃあおいでよ」と言っていたら・・本当に来ました。
冗談ではなく、豊後大野とロッジきよかわが、彼にとって日本中で「THE BEST」だったたようです。嬉しいですね!
とりあえず、夏の2ヶ月一緒に働くことになりました。

たくさんの人の手で作りあげられてきた「ロッジきよかわ」は、多くの人々の想いが込められた「場所」になっています。
そんな想いの詰まった「場所」が醸し出す雰囲気に、僕を含めたスタッフ全員、惹きつけられて今に至っているんだと思います。
で、色んなバックグラウンドを持ったスタッフたちでまた少しずつ大切に育てながら、より一層訪れてくれた人を惹きつける「場所」にしていけたらいいな、と! そして、それはきっと豊後大野のファンを増やすことにつながると考えています。

とはいえ・・

IMG_8049

やっぱり、fromカナダは予想外でした。

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しい内容は、コチラのページをご覧ください。

豊後大野市地域おこし協力隊募集ページはコチラ
————————————————————————————————————————————————

新婚旅行 inぶんご大野!

里の旅だより

ムシムシした日が続き、本格的な梅雨を感じますね〜
しかし最近、そんなムシムシを吹き飛ばすほど爽やかな(?)出来事がございました。

大阪からのお客様にご宿泊いただいたお話です。

お揃いの「さとのたびTシャツ」にお揃いのレンタサイクル♪

IMG_7935

そんなお二人は、なんと新婚旅行で豊後大野まで来ていただいたとのこと!
全てのお客様に同じサービスのご提供を心がけていますが、し・・新婚旅行!
ついつい気合いが入ってしまいます。

そんな僕の気合いはさて置き、二人とも周辺の里山サイクリングやぶんご大野産の食材を使った食事を楽しんでいただき、
大阪に戻られてから「とても楽しかった、来て良かった」とお礼のご連絡までいただきました。
宿泊業をやってて良かったな〜と思う瞬間の一つです。

IMG_7937

「また絶対遊びに来れるように仕事頑張ります!」とおっしゃってくれました。

帰り際にまで気合いスイッチをくすぐられました。
またお越しいただいた時に、よりパワーアップしているロッジきよかわをお見せできるよう気合いを入れて僕も頑張りますよ〜!

爽やかというか、気合いだらけの暑苦しい話になってしまいまして、失礼いたしました。

桜切るバカ、梅切らぬバカ

里の旅だより

初めて聞いた時はバカの連発で、なんて諺(ことわざ)なのかと思いましたが、
去年ざっくりと剪定したロッジきよかわの梅の木が今年は山ほど梅の実をつけました。

ちなみに、この諺は桜と梅の剪定法を意味するもので、
桜の枝はむやみに剪定しちゃうと切り口が腐っちゃうからダメですよ〜
梅の枝は剪定すると枝数が増えて花がつくので、実もたくさんなりますよ〜的なニュアンスで解釈してます。
もちろんいつでも切っていいわけではなく、剪定する時期も大事なようですが。

そういうわけで、昨日は山ほどなった梅の実をロッジのスタッフで収穫しました!

ご覧ください!この梅の数!!

IMG_7921

ぶりんぶりんです。
ハウスキーピングスタッフの地元のお母さんたちも「こりゃ〜すずなりじゃ〜!」と連呼していました。

IMG_7915

すずなり〜♪ いい響きですね〜

地面に落としてしまうと梅の実に傷がついてしまうので、
脚立に乗ったり、枝を引っ張ったりしながら慎重に梅を収穫しました!

IMG_7918

枝を引っ張る引っ張る!

IMG_7924

高い所で実がたくさんなっている枝は少しだけ切りました。
※本格的な剪定はもう少し後の時期です。

 

そして・・・

IMG_7928

こんなにたくさん取れました〜

たくさん取れた梅の実で、これから自家製梅ジュースを作ります!
多分7月頃にはおいしい梅シロップに変身している予定なので、
ロッジきよかわへご宿泊いただくお客様にお出ししたいと思っています。

 

しかし・・梅切らぬバカのはずが、なぜか梅を切ってもバカに見えるワタシ・・

IMG_0610

 

We harvested plums at the Lodge Kiyokawa.
We will make plum juice.

ホタルを眺めて詠んでみた

里の旅だより

こんにちは。えぞえです!
昨日の夜は少し蒸し暑かったですね〜

蒸し暑さを感じながら仕事を終え、家に帰った時にふと思いつきました。
「そうだ、ホタルを見に行こう!!」と。

すぐに、嫁さんと大家のおじいちゃんおばあちゃんを誘って、4人でぶんご大野のホタルスポットとして有名な白山川方面へ。

ちなみに清川育ちの大家のおじいちゃんは80歳。
「おっちゃん!今日はホタル出ますかね?」
「ん〜まあ1匹くらいはおるじゃろう」

若干期待は薄めの感じで出発しました。

が・・・!
行ってみると本当に驚きました。

なんなら地元育ちの大家さんも驚くほど、
ものすごい数のホタルが乱舞していたのです!!

IMG_7821

こんなにたくさんのホタルを見たのは人生初だと胸を張って言えます。
一斉にふわ〜っと光った時は、ホタルの光が水面にも反射して、とても幻想的でした。

最初はその数にびっくりしすぎて、みんな「うわぁ〜!」などと大きな声を出していましたが、
じっくり見ているうちにその美しさに引き込まれ静かになり、素敵な静寂の時間に包まれました。
大家のおばあちゃんも「昔(自分が若い頃)に戻ったみたい」と喜んでいました。

IMG_7841

少し残念だったことは、カメラ初級の僕の腕では全く写真が撮れなかったということ。
写真をアップして少しでもこの感動をみなさまに伝えたかったのですが、ごめんなさい。
美しいホタルを撮るためには多分シャッタースピードなんかを調整しながら、
良い時間帯に良いカメラで時間をかけて撮らないと、なかなか撮影は難しそうです。

僕が通常のシャッタースピードで撮ったものがコレです(よく見てみてください)

IMG_7831

真っ暗の夜に、ど素人が撮ってこれだけのホタルが写りこむのですから、
どれだけたくさんいたのかはお分かりいただけるかと思います!

ちなみに、別日に上手い方が撮ったものがコチラ。

ホタル(高山幹弘さん撮影)

上手いですよね〜
カメラの勉強がしたくなりました。

こんなにもたくさんの美しいホタルを見ることができるのは、
やはりぶんご大野の自然が本当の意味で美しく、
また地元の方々が自分たちのマチや川を大切にされている証拠だと感じました。

ちなみに、明日、6月3日(土)は「名水白山川ホタル祭り」が開催されます!
昨日これだけ見ることができたので、おそらくタイミングばっちりではないでしょうか?
良かったら、足を運ばれてみてください♪

 

最後に、無数の光るホタルを見て、
帰り際に大家のおじいちゃんが「ここで一句」と宣言してから詠んだ歌を紹介します。

<ホタル見た 中津牟礼(なかつむれ)川 5千匹>

んー!
僕が言うのもなんですが・・・・60点!

ただ、あれだけのホタルを見ると普段俳句を詠まなくても、
一句詠みたくなる気持ちはよく分かる!そんな昨日の夜でした。

 

I saw a lot of fireflies.
It was very fantastic. But it is difficult to take pictures.

4 / 37«...23456...102030...»