ラボログ

きれいでうめぇ〜梅!

里の旅だより

立春を迎え、最近はぶんご大野市内でもポツポツと梅が咲いているのを見かけます。
ここ一週間くらいでロッジきよかわの梅も徐々に咲きだしました!

IMG_6871

ちなみにロッジには梅の木が3本あるのですが、どれも真っ白な梅が咲きます。
さらに、6月頃になるとゴロンとした大ぶりの梅の実が驚くほどたくさんなります!
こんな感じ。しかもおいしい!(写真は去年撮ったものです)

IMG_5767

梅のことわざとしてよく出てきますが、「花も実もある」というところに憧れますね〜

そして、最近のロッジきよかわ。

丸太の柵がかわいい新しい畑ができました!
ハーブ畑になる予定ですが、植え付けはもう少し暖かくなってから。

IMG_6878

お次に、前回のブログでもちょっぴり紹介しましたが、
お部屋の前には竹で作った物干しスペースもできました。

IMG_6874

ん〜手作り感満載ですね!
2月中にもう少し手作り計画があるので、また紹介したいと思います。
梅に劣らず花も実もある場所となれるよう、がんばります!

 

————————————————————————————————————————————————
里の旅公社では、あと1名、仲間を募集しております!
詳しくは、コチラをご覧ください(豊後大野市地域おこし協力隊募集ページへ移動します)

参考までに、こちらのページもご覧ください!
————————————————————————————————————————————————

————————————————————————————————————————————————
<パートスタッフも募集しています!>
ロッジきよかわで一緒に働いてくれる方を募集中です。
ロッジきよかわには日本人のお客様とともに、外国人ビジター(主にバックパッカー)もご宿泊されます。

そこで、宿泊業を体験してみたい方ゲストハウス経営に興味がある方
期間限定で学びながら、たくさんのお客様をお迎えしてみませんか?

勤務条件等詳細については、担当:エゾエまでお気軽にお問い合わせください。
————————————————————————————————————————————————

寒さにも負けず!

里の旅だより

寒い日が続きますね〜
特にここ一週間の朝の冷え込みは半端じゃないですね!
もはや最近は、「ん?今日の朝は割と暖かいな。6℃くらいかな?」と思って温度計を見たら
マイナス2℃だったりするので、体がおかしくなっている(・・強くなっている?)気がします。

そして、そんな寒さにもかかわらず、ロッジきよかわはどんどん進化中です!
今日は最近作った手作りの竹のテラスに使っている竹の「油抜き」をしました!

ドラム缶の中で薪を焚いて、その炎で竹を炙り、拭き上げる作業です。
これをしておくことで、竹の耐久性が高まって、更にツヤも出るという大切な作業です。

これがビフォー

IMG_6836

作業風景はこんな感じです。

IMG_6842

最初は暖かかったのですが、何本も油抜きしていくともう暑い!
最後の方は汗だくで、いつもは身が強張るような風が心地よいレベル・・

そんなこんなで、これがアフター

IMG_6848

ピッカピカになりました〜竹って美しい!
今日はこのテラスを3つ分仕上げたので、残りは明日の午前中にでも勢いでやっちまう予定です。

寒くて困っている方、一緒にいかがですか〜!?

しいたけがヤバかった

里の旅だより

年明け早々に、西南学院大学の学生さまが泊まりに来てくれました!

クラスの仲良しメンバーでの卒業旅行ということだったのですが、旅行後にロッジきよかわで撮った写真を送ってきてくれたので、ブログで紹介させていただくことにしました〜

まずは・・夕方にチェックインしてから、早速夕食すたーと!いい写真!

ロッジ清川 0109→0110_170113_0024

真剣に地元ぶんご大野産のしいたけを焼いてくれています。

ロッジ清川 0109→0110_170113_0023

ん?この写真もしいたけか。

ロッジ清川 0109→0110_170113_0004

って、しいたけ焼いてる写真しかないやないかい!

なんでも、「肉もおいしかったけど、しいたけがこんなにおいしいなんてヤバかった」とのこと・・

確かに、僕も初めてぶんご大野でしいたけを食べた時は「これがしいたけなのか!?」と驚いたことを思い出します。
豊後大野のしいたけ、ヤバいですよ。肉厚ジューシーなんで僕はしいたけだけでご飯がいけちゃいます。

そんなこんなで、楽しい夜が明け、朝のロッジ。

ロッジ清川 0109→0110_170113_0018

寒くても、乗ってみたくなるハンモック。笑

ロッジ清川 0109→0110_170113_0009

なんかいい感じの写真。
さすが、インスタ世代ですね〜

ロッジ清川 0109→0110_170113_0014

チェックアウト後はみんなで集合写真を撮って出発です!
ちゃっかり僕も入れてもらいました。

ロッジ清川 0109→0110_170113_0001

思い出に残る時間を過ごしていただけたでしょうか!?
きっと、豊後大野のしいたけだけは彼らの記憶に残ってくれることでしょう!
ありがとうございました。

さとのたびにっき/はじめてのオルレ

里の旅だより

こんにちは、長岡です。
豊後大野に来て、はや8ヶ月…

豊後大野にはJR朝地駅からスタートする「奥豊後オルレコース」というウォーキングコースがあり、たくさんの人が訪れています。
今まで山登り以外経験したことがなかったのですが、先日、そんなオルレにようやく初挑戦いたしました。
※ちなみに、「オルレ」というのは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い道」という意味らしいです。

_mg_7541

歩いてみて実感したことは、僕の経験したことのある山登りとは違い、そこに住んでいる人々の生活が少し見えるということです。
特に朝地エリアでは、豊後大野を象徴する自然豊かで素朴な田園風景が非常に印象的でした。

_mg_7540
img_3249

約12キロを歩きながら(大体4時間程度)、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

私は妄想が結構好きなので、様々な事を考えていました。​

今回は一人で行きましたが、やはり恋人と話しながらというのも良いなと思いましたので、
来年こそは誰か一緒に歩いてくれる人を見つけたい、という願望・妄想でブログを締めたいと思います。
みなさまも、良いお年をお迎えください。

 

(追伸)
来年も地域おこし協力隊として、より一層頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

さとのたびにっき/斧で薪を割れない私

里の旅だより

もう2016年も終わりですね。
年末いかがお過ごしでしょうか。

最近私がよく行っていることは、薪割りです。

ロッジきよかわの食事スペースでは、いつも薪ストーブを焚いて暖かくしております。

img_6684

具体的な本数は数えてはいませんが、一度の食事の間に大体バケツ3つ分の薪がなくなるくらい消費します。火も食欲旺盛です。
そんな需要と供給を一致させるべく、私はせっせと薪割りをしているわけです。

そして、薪割りというと一般的に斧を使って割るというイメージですが、私は斧を使えません。

というのも異常に命中率が悪いのです。
そもそも薪に当たらない。目隠しでスイカ割りをしているんですかと言われても仕方がないレベルです。

しかし、そんな情けない私にも薪を割ることができる「とっておきの道具」があるのです。

img_6675

これは油圧式薪割り機といいます。

img_6679

私が持っている棒を交互に押し出して薪を割っていきます。

img_6682

基本的に薪をおいて10秒も掛からず割れます(たまに難敵が登場しますが、本当にたまにです。)
そして力もあまり必要がありません、女性の方、子供でも簡単に割ることができると思います。
文明の力は偉大ですね。

割り終わった薪は薪置き場に積んでいきます。 豊後大野市ではよく見られる光景です。

薪をストーブの中に入れる時は旅出つ息子を送り出す親の心境です。

23歳にしてこの心境…

とはいえ、最近旅立つ息子(薪)に火をつけるのが上手になりました。
食事スペース、しっかり暖まっております!

4 / 35«...23456...102030...»