沈堕の滝:写真

沈堕の滝

滝?発電所?ドラマチックな歴史をもつ滝です。室町時代に水墨画家・雪舟が訪れ、「鎮田瀑図」を描いたことでも有名。秋には「雪舟まつり」が開催されます。雄滝と雌滝があり、雄滝は高さ約20m・幅約100m、雌滝は高さ約18m・幅約10m。国の登録記念物に指定されています。

  • 明治時代、大分市内の電車を動かすため、ここに沈堕発電所がつくられました。滝にはダムの機能もつくられていました。現在でもその遺構をみることができます!
  • 地元の人手作りの公園「滝見公園」は高台にあって、絶好の写真ポイント。春には桜と滝を一緒にパチリ!

くわしい情報

住所 大野町矢田
アクセス JR豊後清川駅より車で10分
営業時間 ──
定休日 ──
利用料金 ──
備考 トイレ・駐車場・休憩スペースあり
問合わせ先 ぶんご大野里の旅公社/tel: 0974-35-3601