原尻の滝:写真

原尻の滝

緒方平野と呼ばれる田園地帯に突如としてあらわれる、幅120m高さ20mの大瀑布。今から9万年前に阿蘇山噴火で流れた火砕流が滝周辺で堆積して冷え固まり、長い年月をかけて川の流れで削られてできた滝です。足元からストンと落ちるように見える珍しい滝で「日本の滝100選」「大分県百景」のひとつにもあげられています。ぶんご大野で、きっと一番有名な場所です。

  • 滝の落ち口のすぐうえを道路が通っていて、足元を流れた水が落ちていくようすを間近でみることができます! 滝壺におりれば、滝のうえを歩く人や自動車がとおっていくのが見え、これもまた不思議な光景。
  • 滝の正面に吊り橋がかかっているので、滝のまわりをぐるっと歩くことができます。ぜひのんびり散策してみてください!
  • 毎年1月の消防出初式の日には、滝の上から放水が。真冬の滝に虹がかかります。春には周辺がチューリップ畑に。
  • すぐとなりには地元の農産物やお土産を販売する「道の駅 原尻の滝」や、豊後大野でとれる食材にこだわった「薬膳茶房 江川」などが。休憩にどうぞ!

くわしい情報

住所 879-6631 大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
アクセス JR緒方駅より車で7分/自転車で10分
営業時間 ──
定休日 ──
利用料金 無料
備考 駐車場200台/トイレあり/レンタルサイクルあり
問合わせ先 道の駅 原尻の滝/tel: 0974-42-2137