ひょうたんまつり

頭にひょうたん、赤い服。そしてサイズ130cm・重さ10kgの大わらじ──このユニークないでたちの「ひょうたん様」が、3升もある大瓢箪にはいったお神酒を振舞いながら練り歩く奇祭。もとは会場の柴山八幡社に800年前から伝わる「霜月祭」。県選択無形民俗文化財です。

  • お神酒を入れてふるまうひょうたんは、空になるとどこからともなく同じひょうたんが出てきます。ふしぎ!
  • ひょうたん様の後ろには清者さまや鈴持ち、お神輿が続きます。が、なぜかみんな口に葉っぱが……
  • ひょうたんさまがやっとの思いで御仮所へ着くといよいよ祭りのクライマックス! 清者さまが神馬に乗り疾走します。
  • ひょうたん様が大わらじを履くところから見ると、さらに面白いですよ。そんなひょうたん様を撮るために、カメラマンもたくさん! 負けずにいい写真を撮ってください!

くわしい情報

住所 千歳町柴山751(会場の柴山八幡社)
アクセス JR菅尾駅からタクシーで5分
中九州横断道路千歳ICから車で8分
営業時間 毎年12月の第1日曜日/午後1時~
定休日 ──
利用料金 ──
備考 ──
問合わせ先 ぶんご大野里の旅公社/tel: 0974-35-3601